ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS CVS-1組み立て(その5)

<<   作成日時 : 2012/04/01 08:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 このツィータ部ですが最初はリジッドにウーファ部に固定していました。ところがクッション材を介してフリーで置く場合と比べるとどうも音場感が良くありません。音像が滲んで広がりや奥行きが少ないのです。

 そこで結合部に振動吸収のジェル材(写真の青色部材)を挟んでユルユルで取付け直しました。そうすると結合してもようやくフリーに近い音場感が出るようになりました。

 対向設置のウーファ部とはいえ空気振動でエンクロ―ジャは結構振動しているので、ツィータへの振動伝搬の影響は大きかったようです。やはり基本的にツィータへは低域の振動を遮断する必要があると思います。

 もしお使いのシステムがツィータがポン置きの場合には間にはツィータの下にクッション材などを挟むとこの効果がはっきりと解ると思います。

 この点もあまり一般メーカは採用されていないノウハウだと思いますが、試して見ると面白いですヨ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
CVS-1組み立て(その5) ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる