ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 定電流励磁電源の製作

<<   作成日時 : 2012/03/14 08:35   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 13

画像
 ザクセンウェルケGR-3777の励磁電源が抵抗直列の仮定電流電源だったので、ちゃんとした半導体定電流電源を作成しました。

 励磁スピーカは電源が肝というアドバイスなので、やはりちゃんとした電源を作って聞き比べてみたいと思っていました。前回は商用AC100Vからの倍圧整流を1.3kΩと10Hのチョークで電圧を半分以下に落として、疑似定電流化したものを使っていました。

 今回は変形ウィルソン型カレントミラーを使用した定電流回路を組み、電流値も55〜75mAぐらいまで可変できる様になっています。出力インピーダンスも測定してみたいのですが、負荷を付けてしまうとそちらのインピーダンスが効いてしまい、うまく測れません。何かうまい方法を考えなければ...電流値は直列にメータを付けたので直読できる様になっています。

 これを前回の抵抗型とも切り替えられるようにしました。早速この定電流励磁電源を使って聴き比べてみました。

 同じ65mAの定格電流での比較では、やはり定電流化した方が高域の音の切れが良くなりすっきりとした音になりますね。抵抗型の方はどことなくぼやけています。励磁電源の定電流化の効果はかなりあるようです。

 更に定電流値を可変させた変化を聞いてみると、電流値を増やすと音はダンピングが良くなる感じですが、全体に堅めになります。反対に電流値を下げるとマッタリ系になり聞きやすくなりますね。やはりそれそれ磁力の変化に対応した音になるのでしょう。この辺も音質コントロールの様な感じで使えます。

 今回励磁型スピーカの電源を作成してみて、中々面白かったです。この手のスピーカの特徴なのか中々音離れの良い張りのある音に感心しました。20cmスピーカに小さなバッフルなのですがボーカル物などはこれで充分かもしれません。昔の電蓄(ラジオ)の高級機の音はこんなだったのでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは

個人的に励磁型ユニットは定電流化することで、本領を発揮すると思っています。
電圧源では微妙な音味の変化は感じられないですね。
電圧源も出力出来るようにしておくと人様に聴いて頂くときに面白いですよ。

ゴルフ13
2012/03/14 17:59
 ゴルフさんお久しぶり。簡易と本格的定電流でも結構違いが有りますね。定電圧も作って見ますか。
ケン
2012/03/14 21:10
定電圧にすると,励磁コイルが暖まって直流抵抗が増えるとともに電流が減り,音が変わっていきそうですね。
sotaro
2012/03/14 23:25
 一応荒いですが電流計も付けてますのでモニタリングはできます。消費電力が少ない(5.5W程度)のであまり温度は上がりません。
ケン
2012/03/15 08:32
 以前のことですが、ドイツ某社製SPの定電流励磁を超三結アンプで鳴らしたら、ゴルフ式電流アンプみたいな音になりました。 
うだ
2012/03/15 09:54
全く同じスピーカーを2年半くらい前に入手して、楽しく七転八倒しました。
http://www.geocities.jp/iios9402/page043.html
http://www.geocities.jp/iios9402/page047.html

定電流電源が良いという噂を信じて、現在は片側定電流、片側低電圧(定電流が壊れてまあいいかで)鳴らしています。

自作のチョークインプットも悪くなかったです。

2年たってようやくエージングが進んだのか、デジタルアンプとの相性のよさを発見して、最近やっと満足のいく音が出るようになりました。

励磁特有の音は魅力ですね。
百十番
2012/04/14 11:33
 百十番さんこんにちは。励磁の電圧源と電流源は大分音が違います。チョークインプットの2番目と3番目のコンデンサを外せば少しは定電流に近くなりますので試されたらいかがでしょう。リップルが多いようなら最初のコンデンサのみ増設してください。
 蛇足ですが、たぶん出川さんのSBDをお使いの整流回路だと思いますが、出川式整流回路というのは別にあります。
ケンメモ
2012/04/15 18:32
>2番目と3番目のコンデンサを外せば
1年前に聞いておけば良かったです!
残念ながら、市販の実験用電源ユニットがまずまずなので自作は部品として売り払ってしまいました。
それ、やってみたかったです。
ただ、皆が言うようには一定以上の電源品質の場合、他の方の聴かせてもらった例も含め、さほどの違いは私には感じませんでした。
ここは現状でまず満足しています。

>出川式整流回路というのは別にあります。
第2世代のことでしょうか?
ここは部品流用でしたので第一世代のSBDでした。
ちなみに、自作やイベントで試したり聴いたりしたのですが、私には第2世代はピンと来ませんでした。
精神衛生上はとても良いと思えるのですが、いかんせん高すぎて。。
未だに、大手メーカーではどこも採用しませんね。
百十番
2012/04/17 02:17

はじめまして。

当方も、励磁SP(テレフンケンと最近小さな13cm)等
前にも聴いて3年位になります。
定電流も試してみたいと思ってますが、今はAZ-1,we705A,872水銀でやってます。
チョークインプット3段くらいの半波整流の直熱管でなんとか気に入った音に鳴ってきています。
定電流の回路をできれば教えて頂けないでしょうか?
13cmのでためしてみたいです。
あらい
2012/04/21 01:34
 励磁コイルの仕様が判らないと回路を変更しなければならないかもしれませんので、詳細をメッセージでご連絡ください。
ケンメモ
2012/04/21 07:37
ケンメモさん
返事をありがとうございます。

13cmのフィールドコイルは2.1K(DCR)で
今は、負荷あり状態で45V 23mA流れています。
昨日、872Aの電圧電源につけて聴いています。
あらい
2012/04/21 08:43
ケンメモさん
こんばんは。
今日、電圧駆動で120V50mAでだいたい定格だとわかりました。
あらい
2012/04/22 00:21
 45V23mAと120V50mAでは大分違いますね。どちらが正しいのでしょう。
 コメントにグラフが乗せられませんので、ブログの「メッセージを送る」ボタンで応答ください。
ケンメモ
2012/04/23 11:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
定電流励磁電源の製作 ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる