ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS TEAC S300マルチ化

<<   作成日時 : 2011/11/08 16:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 DENONの2wayマルチ化が思いの方かよかったので、これに味をしめて今は使っていないTEAC製S-300と言う13cm同軸2wayもマルチ化してみました。

 S-300は発売当時結構評判が良かった様に思います。この頃は小型スピーカのはしりで色々出始めたところでしたね。箱は3リットルと小型ですが、その分板厚が薄手でも割りとしっかりしています。表面はビニールシートですが、落ち着いた色合いです。

 ネットワークは低音がスルー、高域のみ4kHz-12dB/octの2次フィルターが入っていました。それをネットワークを外し、配線を直接背面に2組出してBEHEINGERでマルチドライブします。

 クロスはフィルターは急峻にできるので、規定より少し下げて3kHz前後として基本的な特性を見た後、聴感で最適値は調整します。低域はウーファのエッジが少し硬くなっている?様なのでそれほど伸びませんが、5〜60Hzまでは出ていてその後スパッと切れています。高域はドームでなかなか素直な特性でした。

 低域のみEQで少しブーストしておいて、上下の概略のレベルを合わせをしておきます。

 当初聞いた感じではサイズに似ず低域に厚みがあって中々良い感じです。高域はDENONより歪が少なく感じるくらい素直で澄んだ音がしていますね。しばらく使っていなかったので少しなら込んでやると結構使えます。まあ超低域は無いですが、低域も結構延びているので元気があって前に出る音はジャズ等には合うのではないでしょうか。
 クロスやディレイを追い込んでいくと全体に滑らかになり、クラシックでもいけるようになりました。小型ながら汎用で使えそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TEAC S300マルチ化 ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる