ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS チップ水晶発振器の実装方法

<<   作成日時 : 2011/02/10 08:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

画像
 NDKの低位相ノイズ水晶NZ2520SDは安価で高性能と自作派には必須アイテムですが、何せその小ささ(2.5x2.0mm)は涙ものです。取り扱いも周囲を整理しておいて飛ばさないようにそっと扱わない、直ぐにどこへ行ったかわからなくなほどです。
 ですので半田付けも容易でなく、ノロノロやっていると鏝の熱で直ぐにお釈迦になります。そこで自前の確実そうな実装方法のご紹介をしてみます。

 まず道具立ても肝心です。鏝はやはり小型の電子部品用を用意してください。先端のチップも細めの方が良いでしょう。昔ですとANTEXあたりですが、銘柄より鏝先によく半田で濡れているかどうかが肝心です。できれば新しい方がよいでしょう。それに据置の拡大鏡かヘッドルーペが必要です。この場合は通常より倍率の高いものが欲しいですね。
 あとは小道具で絶縁ビニールテープかそれに類するもの。8PのDIP連結ソケット(写真参照。秋月で@60円、300円/10個)より線材少々。ピンセットなど。

 基本はDIPパッケージ品に相当するように8P DIPサイズに仕上げます。基板パターンに直接付ける場合はリードを出したところで基板に付けてください。


 最初は机などにビニールテープの粘着部を外側にして輪を作り、机に止めます。その上に水晶チップをパターンを表に貼り付けます。これで固定ができます。このとき方向も確認しておいた方が良いです。

 次に普通のより線をほぐし、細い素線をばらして取り出します。長さは2,3cmもあれば十分です。
水晶チップにはまずパターンに半田流します。半田を左に鏝を右手に持って、同時に軽く当てる感じです。先ほどの素線(細い線1本)も端に軽く半田付けておきましょう。
 素線と半田ごてを持って素線をパターンにあて、軽く半田鏝を押し当てる感じです。チョンではなく1,2秒待ってください。これで付くはずです。軽く引っ張って強度を確認します。長時間当てているとビニールテープが溶けてしまいます。溶けだしてしまったら最初の新しいビニールテープにつけるところからやり直したほうが良いでしょう。

 これで4箇所素線が付いたら、少し余裕を持たせてDIP連結ソケットの四隅のピンにからげます。向きを間違えないように。マークがあるところが1番です。

 後はピンの半田付けをしておけば完成です。基板に刺して直付けなり、ソケットを介して取り付けます。連結ソケットの上部に出ているのピンが保護になって水晶に付けたリードには触れないので、取り扱いでリードが切れることはありません。取付け時は向きの再確認をしてください。

 外した元の発振器も同じ方法でソケット化しておけば差し替えで簡単に比較ができます。低位相ノイズのピントの合った音の違いを試してみてください。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
これはいいですねぇ

SOIC->DIPとかのピンピッチ変換基板があるから、それ使うと(パターンがあう奴があれば)もっと楽かもしれませんねぇ

今度やってみよう…
ひよひよ
2011/02/10 18:46
これはビニールテープを輪にして力を旨く逃がすと言うところがミソですかねぇ。

>ひよひよ さん
SOIC->DIPの変換基板はピッチは同じですけどNDKが小さすぎて足が届かないです。そのアプローチの方向だと1.27mmピッチのユニバーサル基板を小さく切り取っておいて、これに直接半田付けする方が早いです。半田付けする時NDKの頭を鉗子の先で押さえつけて熱を逃がしてやると熱には案外耐えられます。4,5ヶ壊した結果私はこれに落ち着きましたw
tetu
2011/02/10 19:37
 皆さん苦労されてますね。tetuさんの方法の詳細もどこかでご紹介ください。
ケン
2011/02/10 22:03
これはタイムリーなありがたい情報です
熱で壊れるとなると数個購入しておいたほうがよさそうですね
今度やってみます
ushi
2011/02/11 01:07
本当に懇切丁寧なご説明にただただ感謝の気持ちです。
Bunpei
2011/02/11 02:28
 いや、Bunpeiさんが探し出してくれたお陰で色々と助かっています。メインにも充分使えますし、ボータプルには特に欠かせないですね。
ケン
2011/02/11 08:02
はじめまして、いつも楽しく拝見しています。
NZ2520SDを私も試してみたいのですが、入手先を教えていただくことは可能でしょうか?
kazu
2011/02/12 22:34
 チップワンストップで購入できます。HPでNZ2520SDかNSA3449Cで検索を掛けて下さい。単価は少量特注だと1500円ぐらいです。ただし納期は2ヶ月は見てください。
ケン
2011/02/13 06:55
マルツの8ピン変換基板、パターンが可成り接近しているので注文してみましたら
NDKの長編方向にぴったりですね。これはいけると思います。
2/10の私の書き込みは謹んで撤回いたします。

http://www.marutsu.co.jp/shohin_15063/
tetu
2011/02/13 16:18
ケン様 ありがとうございます。
必要な周波数をまとめて注文してみます。
kazu
2011/02/15 01:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
チップ水晶発振器の実装方法 ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる