ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS Wave File Player

<<   作成日時 : 2010/08/29 10:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
 ワダラボさんというところで開発したWave File PlayerとういうPCソフトを試してみました。最近はフリーでもシンプルなプレーヤソフトも色々出ているようで、外にも試してみたのですがこれが音的には面白いと思いました。

  ソフトはfor Referenceとfor Experimentalの2種類有るので、前者の方が普通版ということなのでまずこれを試してみます。使い方として注意点はプルダウンの窓はありますがデバイスドライバーの選択が出来ないので、必要以外のデバイスは無効にしておく方がよいでしょう。そうでないと目的のデバイスでうまく再生しません。
 左のチェックボックスでUse Bufferを使うと一部メモリーに展開してから再生するので、こちらの方が音は良いようです。ただし、長いファイルだとスタートまで20秒ぐらいかかります。
 後、適合フォーマットは私のところではサンプリングレートは44.1kHzから176.4kHzまでOKでした。(192kHzは試していません。)しかしビットレートは16bitと32bitFlaotのどちらかで24,32bitは不可でした。

 操作はいたって簡単でプレイと一時停止、停止しかありません。早送りなどが欲しい所です。肝心の音はとても特徴的でドライで切れが良く、音は固めですが、滲みの無い音はこの傾向としては最右翼です。これと比べるとSamplitudeも美音系に聞こえます。プロセス優先度は当初は”低”なので、これを上げると更に傾向が強まります。
 音的に適合するかは全体とのマッチングなので一概にはいえませんが、ダイレクトな音がお好みなら合っていると思います。何せストレートな音が出ます。

 for Experimentalの方は更に実験的ということで再生ファイルを丸ごとメモリーに展開するようで、大きなファイルの場合には実装メモリー制限が効いてきますし、時間もかなり掛かりますので、あまり試せてはいません。しかし、こちらはデバイスがプルダウンメニューで選択できます。音的にはfor Referenceよりは少し傾向が強いようですが、優先度を上げるとそれ程の差は無いようです。アップサンプリンはこの版は未実装でした。

 両ソフトとも試聴記を書けばフリーで入手できますので傾向が合いそうなら試してみるのも面白いと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご紹介されてる「Wave File Player」をワダラボ様からお送り頂き早速試聴させて頂きました。現在メインのアンプが改造中のため、取り急ぎ簡単に聴いてみました所、個人的な印象ですが、他のアプリ(ipod,WALKMAN 等のアプリ)との比較で、仰られてるように鮮度が高く感じました。このあと、聴きこんでみようと思います。
では、興味深い情報をありがとうございました。
木村@御殿場
2010/08/31 06:59
 かなりドライな音で合わない場合も有るかと思います。操作性もいまひとつでですが、外にはない面白い音ですね。
ケン
2010/08/31 08:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
Wave File Player ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる