ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ALPAIR 10

<<   作成日時 : 2009/10/13 11:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像














画像













 MARKAUIDIOの新ユニットALPAIR10をM氏からお借りしたのでデータを取ってみた。マグネシュウムコーンでfoが40Hzと低いながらフルレンジという魅力的なスペックのユニットである。コーンの色はシルバーとゴールドがあるが今回のはゴールド仕様。

 適当な箱が無かったのでとりあえず裸の特性。インピーダンスとニアフィールドの特性を取って、パラメータを計算させてみた。

   メーカ発表値 測定値
Qts  0.33 0.35
Qms 2.24 2.72
Qes 0.39 0.40
fo 40 42

この程度の誤差は測定も簡易なので結構合っているといえる。低域特性はほぼ仕様どおりが期待できそう。

このサイズでもマイク位置をコーンの焦点に置けばニアフィールドなら10kHz程度までのユニット特性は大体把握できる。特徴は中域1kHzあたりに5〜6dBの盛り上がりがあることだろうか。バンドールもそうだがメタルフルレンジの特徴だろうか。なんらか共振点があるのかもしれない。高域7kHzのピークは細いのであまり気にならないだろう。高域はこのサイズとしては良く伸びていてあまり盛り上がりも無い。

1kHzあたり盛り上がりをうまく処理できればよいがそのままだと張った音になって癖が出やすい。ネットワークでうまく処理したほうが良いかもしれないがかなりテクニックが要りそう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ALPAIR 10 ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる