ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS Wolfson WM8741

<<   作成日時 : 2009/01/17 08:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 21

画像
 最近DACチップで主流になってきたWolfsonの最新DACチップを入手。スペックはS/N123dB,192Kfs対応、DSDもOKと流石に最高性能をいっている。LINNの「Akurate DS」にも採用されている。
 後はデジタルフィルターの切換とかアンチクリッピングモード、2チップ使用のモノモード、勿論コントローラ無しのハードモードも充実。フルに機能を発揮するソフトモードもある。まあSSOP(0.65mmピッチ)なので実装には苦労しそうだが、新しいDACも作ってみたい。

http://www.wolfsonmicro.com/uploads/documents/en/WM8741.pdf

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(21件)

内 容 ニックネーム/日時
以前WDA02のことでいろいろコメントさせていただいたものです。その節はお世話になりました。WM8741のEvaluation Boardが欲しくてProfusionのwebページでダメモトのつもりでオーダーを入れたら通ってしまいました。ただしもともとのwebページの表示内容が不完全だったので不安に思っています。同社の場合出荷確認メールなど来ますか?また通常オーダーから何日くらいで届くのでしょうか?教えていただけますれば大変有りがたく存じます。
OCXOの購入については昨年末にメッセージを差し上げたとおりですが、どうにも5個の仲間が揃えられずに頓挫しております。12.288MHzで私以外の4個の購入者がそろえばいいのですが。
Bunpei
2009/02/28 12:50
 Profusionは今まで何度かの取引で、結構ちゃんと返事なり連絡は来ますね。評価ボード入手の折はブログ等で報告していただけるとありがたいです。
 クロックのほうはルビジュームを入手してしまいました。こちらのほうが周波数は変えられるし、音も良いはず?ですので鋭意製作中です。
ケン
2009/02/28 14:40
ご回答どうもありがとうございました。Profusionはもう少し待ってみて、もし何も音沙汰がなかったら照会のメールを入れてみようと思っています。評価ボードが入手できればまたご報告させていただきます。
ところで256fsの原発振が高精度な場合その精度は、DACが左右1Wordずつを受け取って変換してラッチして最後にVOUTLとVOUTRに同時に反映させるタイミングにどう影響するものなのでしょうか?おそらくDACは主にLRCLKをもとにそのタイミングを決めていると予想します(MCLKではなくて)。するとその前のデバイスCS8416のLRCLK出力の時間軸精度が重要となりそうですね。
Bunpei
2009/03/01 15:39
 Profusionは直ぐに受注確認メールが来ると思いますので、来ない場合には上手く発注ができていないのかもしれません。私が最初そうでした。しばらく音沙汰無ければメールで確認した方が良いと思います。
 DACの変換タイミングは仰る通りLRCLKで決まりますのでその精度が肝心です。BCLKなりMCLKが高精度でもあまり関係ないと思われます。高精度クロックがあればそれでLRCLKをリクロックするというのも一時流行りました。
ケン
2009/03/01 19:48
ケン様のお話を聞いて早速Profusionのsalesに確認のメールを入れたところ、すぐに返事をくれました。応答は大変よかったです。ただし、現在はストックがなくてつぎの入荷は3月末とのこと。しかも別の注文も入っているそうなのでそのロットが私に回ってくるか定かではありませんが、今は待つしかないと思っています。
DACのクロックのご説明どうもありがとうございました。リクロックなど不勉強なのでインターネットでもっと勉強してみます。
Bunpei
2009/03/02 22:37
 そうでしたか。じっくり気長に待つしかないですね。これで楽しみが長持ち?しますか。
ケン
2009/03/03 07:19
Profusion社からは直接の出荷通知メールはなかったのですが、UPSからの荷受通知メールが入り、あれよあれよという三日のうちについてしまいました(残念ながら配達時に不在でまだ実物は受け取れておりません)。
UPSでは細かなイベントのトラッキング状態を逐次Web画面を通じて参照可能で、現在、南まわりでフィリピンを出たところとか、成田で通関手続き待ちとか2〜3時間ピッチで見ることができて凄いですね。わざわざ秋葉原や日本橋に買いにゆくより、居住地によっては便利かも。
これは、このブログを参考にさせていただいたおかげです。感謝申し上げます。
Bunpei
2009/03/25 22:52
 評価ボードがどんなものか楽しみですね。こちらも色々あって中々進みません。
ケン
2009/03/26 07:10
とりあえず評価ボードに、MicroSDカード上のWAVファイルプレーヤのI2S出力を流し込んで鳴らす実験をやってみました。48KHz 16bitです。もしご興味があればこちらをご覧下さい。
http://shinshu.fm/MHz/06.94/archives/0000276623.html
評価ボード自体の音質については、正直まだあまりよく分かっておりません。評価ボードは±12Vの電源が必要で、現状ではとりあえず単一乾電池16本で対応しております。
5種類内蔵されているディジタルフィルタの使い分け、オーバーサンプリングの程度の使い分けなど試してみたいです。
Bunpei
2009/04/05 13:47
こちらも評価ボードを注文して3日できました。
とりあえず手許にあったシリーズ電源(非常に古いVoltek製)をつなぎ,PCM1704プッシュのDAC(以前ラ技で頒布していたものをWE111によるトランスI/Vに改造,全電源独立4.5Ah電池)と比べました。ソースはCDP-R3(クロック改造),CDはスカビオサ(例のセシウムクロック・ダイレクトカッティングのやつ)。1704に比べクリアでバランスもよい。1時間鳴らしていたら,低域,高域ともなめらかになってきました。
ソフトで色々設定できるのでしばらく遊べそうです。
sotaro
2009/04/05 15:14
sotaro様
WM8741評価ボードの電源は+12Vがディジタル回路・アナログ回路兼用、-12Vはアナログ回路のみのようですが、それぞれ何A与えてやれば十分なのでしょうね。24bitの場合、最大±5Vを振ったとしてその1bitは約0.6μV。どんな電源が望ましいのでしょう。車用のバッテリを使うのが一番単純で確実かと思ってしまいます。
また入力は24bit 192KHzまで対応ですが、それを試せそうなソースはお持ちですか?
私の場合、PCIカードのJuli@naturalを購入してそこから同軸のS/PDIFで24bit 192KHzを取り出して評価ボードに流し込んでみようかと考えております。そして最終的にはS/PDIFはやめてI2SをそのままJuli@から評価ボードにつっこんでみるとか。
Bunpei
2009/04/05 17:33
Bunpei 様,
電源電流は無負荷,無信号の場合,正180mA,負30mA以下です。5VはLM340,3.3VはLM1117を使っています。これらのレギュレータの出力ノイズは40〜50uV Typ.なので,入口に超低雑音の電源を使う意味があるか不明。電池は私もCDP以外全部(ActiveATT, 4way PowerAmp)に使っていますが,保守が大変です。電池を使っている理由は,低ノイズではなく,グラウンド・ループの処理を簡単にするためです。大容量鉛蓄電池でも思ったほど低インピーダンス,低ノイズではないようです。放電するにしたがって音が変わってくるのも問題です。DACの場合小電流ですので,超低ノイズ基準電圧源+高速大電流OPAMPなどで構成したほうがよいのではないでしょうか。

sotaro
2009/04/05 19:57
500字を超えたので続きです。
24bit 192KHzテスト用ソースは1bitコンソの音源をKorgのAudio Gateで変換したものや,DVD-Audioからリッピングしたものです。HiresのFLACのやつから変換できないか。AES16eから同軸経由で評価ボードへ。
I2Sをのばすと不安定になりそうなので,LVDSに変換して送ったほうがよいと思います。どうせ短距離なのでカテ6ケーブルで十分でないかと。
sotaro
2009/04/05 19:58
 Bunpeiさん、評価ボード入手できたようですね。電源系は電池でも良いのですが、並列数を増やすなりコンデンサをパラるなりしないとノイズの点からは有利ですが通常のAC100Vからのトランス電源の方がまだ力強い様に思います。
 こちらのディスククリートDACは他の方が忙しくて中々手がつきません。
ケン
2009/04/05 20:32
Sataro様、ケン様
先の質問へのご回答ありがとうございました。
誠に初歩的な質問で恐縮です。出力OPAMPに与える±12Vは回路図を見ると逆接続保護のダイオードと10μFのコンデンサがあるだけで電源の電圧がそのままかかるようになっていると思います。この場合、±12Vに例えば100μV p-pのリップルがあるとオペアンプの±1Vのアナログ出力には最大何μVぐらいの変動が出るとざっと見積もっておけばよいのでしょうか?
Bunpei
2009/04/07 22:22
PCのMini-ITXマザーボード、I2S出力のできるVIA Envy24MTの載ったPCIカードそしてこの評価ボードを組み合わせればLINN DSシリーズ的なことはできてしまうのはと考え、改めてLINN KLIMAX DSの写真
http://www.phileweb.com/news/d-av/image.php?id=19766&row=2
や電源の説明
http://www.linn.jp/products/new/klimax_ds.html
を良く眺め、読んだら、やっぱり簡単には真似のできない造りですね。電源はコンピュータ部に供給する必要があるから当然かもしれないけれど基本的にはスイッチング電源であり、アナログ部分への供給もそこから取り出しているとのこと。
Bunpei
2009/04/07 22:39
 OPampの電源からの影響ですが、カタログデータでPowerSupplyRejectionという項目(図)をご覧下さい。例えばOPA604だと100Hz以下だと100dBありますので100uVのリップルは1pVになる計算です。ただし周波数が上がると例えば100KHzではマイナス側は45dBになりますから約0.5μVですね。
 このようにノイズの周波数が高い方とマイナス電源側は概して悪くなります。
ケン
2009/04/08 07:13
ケン様
貴重なご教示どうもありがとうございました。
使用されているTI Burr-BrownのOPA2227のデータシート
http://focus.tij.co.jp/jp/lit/ds/symlink/opa2227.pdf
を見てみたところ5ページにPOWER SUPPLY AND COMMON-MODE REJECTION RATIO vs FREQUENCYの図がありました。かなりの周波数依存性があるのですね。
Bunpei
2009/04/09 21:21
ある知り合いの人のクラシック音楽用にセッティングされたピュアオーディオ指向の環境で、MicroSDプレーヤ( http://shinshu.fm/MHz/06.94/archives/0000276623.html に紹介されているもの)とWM8741評価ボードを接続して鳴らしてみました。アンプは300B、スピーカはFALです。16bit 48KHzのWAVファイルで、評価ボードのconfigurationはdefaultのままです。電源はあいかわらず単一電池の8本直列 x 2系統(+と-)。
WM8741評価ボードの音はいわゆる色づけがなく素直でノイズも少なく好ましいように感じられました。知り合いの人も良い印象を持ったとのことでした。これが2万円以下なのですから非常にコストパフォーマンスが良いといえると思います。LINN AKURATEを聴いたことのあるその人の話では、それとは違う音だとのこと。
Bunpei
2009/04/10 22:23
先の試聴の結果がつぎのブログに掲載されておりますのでよろしければご覧下さい。
http://audioniravana.blog.ocn.ne.jp/nishinoblog/2009/04/bunpei_0964.html#comments

sataro様へ
評価ボードはケースに納められましたか?これを純粋に評価目的にお使いのおつもりですか?それともこれそのものを自分のオーディオシステムの一部としてお使いになる?私の場合は、24bit 192KHz音源再生のための試行用途に使うことを考えており、入力にはPCからPCIバスカードjuli@naturalを使ったS/PDIFを入れてみようと計画しております。
Bunpei
2009/04/12 15:05
Bunpei様,
まだバラックです。お遊び用です。現在の状態は我々のグループの掲示板/HPに書き込んでいます。 http://www.geocities.jp/voicecoil80/ 内のリンクから入れます。とりあえずX60s→FF400→S/PDIF→評価ボード,音源Linn 24/192 FLAC, ソフトSamplitude10.2
sotaro
2009/04/13 01:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
Wolfson WM8741 ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる