ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS W15CY001その後

<<   作成日時 : 2007/11/16 20:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 W15CY001を使えるようにネットワークを調整、あまりカットオフ周波数などの特性は変えなくても良さそうなので微調整で済ませた。ざっととった周波数特性が図のようなもの。
 リスニングポイントでの測定値なので低域は当てにはならない。50Hz以下はノイズ成分で60Hzのピークは定在波のようだ。中域が少し薄めだが、補正をしても全体の印象はそれほど変らないので、この状態で聞き比べてたものがユニットの特徴といえそうか。
 ともかくATの割とこってり目の音色に対してマグネシュウムのW15CY001はやはりすっきり系といえよう。特に違うのが中低域と高域で、線が細いというほどでもないが、音の厚みより高分解のを感じさせるシャープな音色だ。不思議の高域は関係ないはずだが伸びと切れ味がよくなる。むしろちょっとうるさい感じもする。中域のレベルが低いからかと思ったが、補正しても同じ印象なのでユニットの音色だろうと思う。
 鳴らし込むに従って少し滑らかさは出てきたようだが、余韻が少なめで音像が小さく広がりは大きいのは変らないようだ。一般にマグネシュウームコーンで聞いて来た印象とも通じるものがある。まあしばらくこのまま鳴らしこんでみたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
W15CY001その後 ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる