ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS HDDインターフェースの2電源化

<<   作成日時 : 2007/10/22 10:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 MathyのHDDインターフェースの外形を削りDHC−350UFCと共用化した。これで30mm厚板サンドイッチケースに押し込むことができる。
 同様に12V単一電源供給(5V系はインターフェース内で12Vから生成)だったのを12V・5Vの2電源供給にし、コネクタも増設して共用化できるように改造。やはり5V系も別系統でちゃんと供給した方が良い。

 まあここまでは順当?だが最近は段々ディープな世界にはまってきて、自分でもホントかいなと思うPCオーディオの世界に足を踏み入れつつある。以下の点はアホラシイと思う方はスルーして欲しい。
 HDDのメーカによる違いから始まってインターフェースや電源は何となく推察がつくが、最近新規のHDDを追加した時にどうも音が違う。勿論メーカ、型番は同じ物なのでばらつきかと思ったが余りの差に原因を追求、どうもフォーマットの条件で変わるようだ。現在の所、フォーマット時の電源(SW電源と大容量トランス電源)、インターフェース(USB,FIREWIRE)(コントローラチップ)、OS(XP,W2K)などが原因。まだその寄与の大きさは特定できていないが電源とインタフェースは大きいと思われる。リッピング時のソフトや電源よりフォーマット時の方が影響は大きいので追試していただけるとありがたい。PCオーディオも大分騒がれてきているがパラメータが多いのでまだまだ解らない点が沢山あるようだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
HDDインターフェースの2電源化 ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる