ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ディスクリートDACトランス電源に変更

<<   作成日時 : 2007/07/15 08:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 24bitディスクリートDACの電源はやはりSW電源だとどうも駄目で、気が付くまでに遠回りをしてしまった。最初は良さそうに思ったのだがやはり通常のトランスによるドロッパーにはかなわない。
 電源モジュールを外したところに入れ込んだので、ミュート回路も外して何とか収まったのが写真の様子。コンデンサも大分入れたのだが聞いてみるとまあまあといったところで、まだ今ひとつすっきりしない。ということでいつもの増設端子も設けて外部コンデンサを増強、巨コンを4本ばかり足すとまあまあ満足できるほどにはなった。
 今までのDAC−2000改と比べると2000はどちらかいうと低音重視のすっきりとした押さえた音で、ディスクリートはやはり開放的で高域まで延びたバランスの良さというところだろうか。基本的な音色は変らないがグレードは大分上がってきた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ディスクリートDACトランス電源に変更 ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる