ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS パワータップ

<<   作成日時 : 2006/06/15 16:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
 最近はいろいろなところにSW電源が使われていて、音的にも映像にもそれほど良くないのだが、いちいち全部シリーズ型の電源に交換はしていられない。
 そこでSW電源の改善のために、1次側のAC100Vを直接整流している部分をSW電源のAC入力の前に別に外付けで出川式整流回路を追加する自称「パワータップ」を作っている。これはSW電源のブリッジ整流の替わりに出川式整流回路を使おうというもので、SW電源にはこのパワータップを経由してDC140Vを供給することになる。その場合にはSW電源のブリッジ整流回路はDCなのでそのままパスし、内部改造なしでSW電源が出川式への改善になる。
 オーディオは勿論映像にも効果的で、内部的に多電源のものやあまり内部を弄りたくないものなどが最適だ。映像系はDVDレコーダや液晶プロジェクタの画質向上に、外付けHDDやデジタルチャンデパはオーディオ用に使用中である。
 ただしこのパワータップ、機器がトランス受けや半波倍電圧整流などの場合には使えない。もっぱら回路内容が判っている場合に限るので注意が必要。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
AC100Vのプラグの前に入れるだけで、本体を無改造で、実際に音が良くなるので、すばらしいですね。
これはスイッチング電源の第一段の整流回路の改良をしたことになるのでしょうか。かなり効果がありました。
ただスイッチング電源にしか使えないので、使うにはその辺の知識が必要です。
I
2006/06/16 23:46
コメント有難うございます。そうですね1次側の改良になります。解り難いので写真をつけました。
ケン
2006/06/17 07:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
パワータップ ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる