ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS デジタル機器の電源

<<   作成日時 : 2005/12/08 19:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 最近デジタル音響機器の電源にはまっている。大体はスイッチング電源が多いものだが、機器もデジタルだから影響も少ないと思っていたのが間違い。パソコンからI/O、クロックや勿論DACまでアナログ機器と同じように影響が聞こえてしまう。
 基本的にはやはりローテクが良いという面白くない結果で、物量を掛ければ音良くなるのだがそれだけというのは何とかならないのだろうかと思う。それでも最近はハイエンドもデジタル化が進んでいるのだが技術は果たして軽薄短小をオーディオでも実現できているのだろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
三土会、ご苦労様でした。
 project510、乾電池なんでコンデンサ関係ないだろうと7805前に300uFしか入れてませんでした。まさかと思い3300uFに交換したら、細かった低音が甦ってきました。乾電池ですので内部抵抗が高いのは承知してましたが、ここまで変化するとは思いませんでした。
 フィリップス君も4700uFを10000uF程度に増強。
これで良いやと思いました。

考えてみれば、カーオーディオでもコンデンサ増強なんてメニューもあるんですから当然といえば当然なんですね。
ほい
2006/04/26 20:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
デジタル機器の電源 ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる