テーマ:ルビジウムクロック

USBメモリー

 ケースがちょっとずれていて気になっていたのでUSBメモリーのケースをバラしてみた。中身はシンプルで表にメモリーチップと水晶、裏にコントローラIC、後はチップ素子が数点である。  まあこれ(4G)で千円ぐらいだろうがこの値段が高いのか安いのか判断は難しいが、内容から見れば安いことは確か。ところで某所で音楽データの再生用USBメモリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発声法公開講座

 ちょっと変わったタイトルだが、ベルカント唱法と日本人の大脳生理に関する講演と実際の演奏(歌唱)の組み合わせというのに出席、録音してきた。  大脳生理学で明らかになった特徴点は、日本人ではインハーモニックな自然音などの処理が言語中枢と同じ左脳にあり、同じように持続母音も左脳処理となっている点が外国人と大きく異なっているとされる。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ポータブルルビジウム

 流石にリニア(トランス)電源は重いので、お出かけ用にノートパソコンのSW電源を使ったWodClock用の分周器を作ってみた。  FF400をお供に録音時にも常にルビを使ってみたかったし、この際176.4kHzfsや192kHzfs録音もしてみたかったのでお出かけ用に製作。これだと大分軽くなるので若干の音質的な点は目をつぶって…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ラ技9月号

 宣伝で恐縮だが、今日発売のラ技9月号に一連のルビジウム発振器利用の応用解説としてCDプレーヤの改造記事を掲載していただいた。  記事はなるべく簡単にできるようにと、ルビジウム出力の波形整形回路も省略して、直接CDプレーヤの水晶を置換して送りこむ方法にした。できれば波形整形も入れて電源もトランス式とするとよいだろう。もちろん内…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

ルビジウムシステムデモ

 某会の例会でルビジウムシステムでCDを楽しんでももらった。当日のラインナップは以下の通り。 CDプレーヤ SONY:SCD-XE6 改造同軸デジタルアウトで使用 チャンデバ BEHRINGER:DCX-2496 ゲイン改造仕様 低域アンプ ラステーム:RSDA-302P ケース入替、外部トランス電源 高域アンプ 若松通…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

VICS USBAudioのルビジウムクロック化

 VICSのUSBオーディオだが大分前に購入していて色々改造はしてみたものの、それ程ではないのでずっとお蔵入りとなっていました。ところが最近話題のWadiaのiPodトラポがどうも同じDACチップを使っているらしいので、参考にとどの程度効くかと思いルビジウムクロックに換装してみました。  5680Aは簡単に発振周波数が変えられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルビジウムクロック第3弾

 やはり気になるので30mmアルミブロック・ルビジウムクロックを作っちゃいました。電源が効くのは解りそうですが、ベースがどの程度影響があるかこれから詳細比較しみたいと思います。  スーパークロックの需要?が増えてきたので必要に迫られて256fsは4出力に増設して端子が増えてしまいました(残りはワードシンク)。やはり10Mオーダ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

クロックジッタ比較測定part2

 前回(5月3日)にルビジウムのクロックジッタを測って見たのだが、まだよく解らない点も多い。今回ルビが少し数がそろったので比較も含め測定してみた。また水晶のOCXOも前回は精度が取れなかったので源信で測定してみた。  今回は5台のFE-5680Aを同じ条件でアリアン分散を測定。波形整形あり、1秒ゲート、サンプルサイズ2、10分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルビジウムクロックベース

 相変わらずクロックネタだが、今回はクロックベース(ケース)の問題。以前I氏のところで気になっていたクロックによる音の差だが、考えられるポイントはモジュール本体、ケース(ベース)、電源の3つだろうと思っている。そこでeBayで香港から同じ型番のモジュールをもう一つ調達して比較してみることにした。  タカチの放熱ケースにつけたセカン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルビジュウムクロック第2弾

 電源も出来たので発振器本体をようやく完成させた。今回はタカチの放熱ケースを発振器側に使用する。しかし元々ルビジュウムはオーブンで暖めているので排熱は不要との意見もあり、今となっては振動防止?のベースとしての意味の方が重要かもしれない。(これも近々実験してみたい)  ルビジュウムクロックもワードシンク以外のスパークロック利用が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ルビジュウム電源

 ルビジュウム発振器も一つでは足りなくなりそうなので、追加分の電源を作成。今度は2系統同時に供給できるように電源容量を増やした。  今回は発振部と電源部を分離、トランスの容量も5Aと増やしてデジタル系と2トランスとした。ケースは加工が簡単なようにホームセンターで探したポリボックスを使用。作りがしっかりしているのでプラといえども…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロックジッタの比較測定

 I氏の協力を得て各種のクロックを集めジッタ値をタイムインターバルカウンタのSR620+625で測定してみたら、結構面白い結果がでてきた。  集めた種類は通常の水晶発振モジュール(シチズンCMX-309FL)、D-Clock、OCXO(MicroCrystal:OCXOWT-AV3)、ルビジュウム(FE-5680A)の4種類、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DAC-2000ルビジュウムロック

 ルビジュウムCDプレーヤ、ルビジュウムデジタルアンプに続く、ルビジュウムシリーズ第3弾!いよいよDACのルビジュウム化です。  以前からDAC-2000の外部クロック同期を何とかできないかと考えていましたが、システムクロックを外部クロックに交換しても動かないので、その試みは上手く行っていなかったのです。  ところがDCX249…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SR620+SR625

 最近同様にルビジュウムクロックを導入したI氏を訪問。格段に向上したという音を聞きに行った。流石に全体のグレードが高いので入力のレベルアップは解りやすい。今までになく澄んだ音で格段の進歩。何と言っても音質などどうこう言わずに音楽に浸れるところが良い。  もう一つのおまけはついでに?衝動的に購入したというルビジュウム計測のおきまり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シタールの録音

 先日「名栗の杜」というCafeでシタールの演奏があり録音をさせてもらった。演奏は堀之内さんという方でインドでシタールを学んできたそうだ。  シタールという楽器はもちろん手作りで胴も自然物なので一つ一つ違う。また地方によっても色々異なる点があるらしい。弦の数は今回のは20本。演奏弦が7本で共鳴弦が13本だったと思う。独特の高域の輝…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ルビジュウムクロックデジタルアンプ

 256fsのスーパークロックが使えると色々面白いアイデアが浮かんでくる。デジタルアンプのWDA-02も水晶発振器を以前OCXOに替えて良くなったので今度はルビジュウムクロックを入れてみることにした。  WDA-02に使われている発振モジュールは元から256fsの11.2896MHZなのでそのままルビジュウムのスーパークロック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルビジュームクロックの追い込み

 調整中のルビジュームクロックだが私が購入したのはFEI Communications,Inc.といところのFE-5680Aというモジュールだ。これは前に言った様にDDSの調整方法が開示されているので、通常のマスタークロックの10MHzではなくデジタルオーディオ用の周波数に色々合わせこめる点から選んだ。  同じルビジュームクロック…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ルビジュームクロックCDプレーヤ

 ルビジュームクロックも大体完成してきたが本来のワードシンクに使う以外にスーパークロックの256fsも出力してあるのでこれを直接CDプレーヤのクロックに入替えて、ルビジュームクロックCDプレーヤ!の出来上がり。  元のSCD-XE6も既に電源とクロックを改造してあり、それなりに良くなってきたと思っているが、ここでも折角のルビジ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ルビジュームクロック組み立て

 モジュールを入手後、ようやくワードシンク用クロックに使えるようにケーシングした。モジュールは結構大飯ぐらいなのであまり小さくもできず、発熱もあるので中々いいケースが見つからなかったが、まあ何とかコンパクトに納められたようだ。まだ仮組みといったところなので完成一歩手前だが一応写真のような聞ける状態にはなった。  ルビジューム用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルビジュームクロックを購入

 ルビジュームクロックモジュールを購入しました。もちろん中古です。ワードシンクのクロックにする予定で、プログラマブルシンセが付いているのを以前から探していたのですが、ようやく手に入れました。  こいつはDDSが外部から設定可能で256fsの11.2896MHzに設定しなおし動作を確認しま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more