テーマ:アンプ

町田オフ会

 久し振りにつくし野で開かれている手作りアンプの会の分科会「第23回町田オフ会」に参加してきました。  こちらは午前中からの場合は時間的にも余裕があるので、質疑や試聴もじっくりとできるのが良い点で、いつもながら盛況のようです。  今回は私の目的はO氏提供いただいたTIの300WtypeのTAS5613モジュールを使用した…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

F氏邸訪問

 連荘になってしまいましたが、F氏邸をTakaさん一緒に訪れました。  F氏とはAEIDOさんの所でお会いしたのですが、色々聞いて見ると我が家のシステムとよく似通った所が多いのでびっくり。スピカユニット構成からBPアンプの使用、PCオーディオまで類似点が多いので親近感があります。  お使いのスピーカユニットは両脇のメイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴンザエモンさん、Takeさん来訪

 先日の折り返しですが、ゴンザエモンさんとTakeさんが来宅されました。  ゴンザエモンさんに前回お越しいただいたのはほぼ1年前になります。その後はリボンツイータを追加し中高のアンプ系がSATRIに変わり、デジタル系ノイズ対策もだいぶ進んできたところなので、だいぶ様変わりしていると思います。  アンプ系はMITアンプは暫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

低電圧OTLアンプの実験(その3)

 シャーシにSW電源を組み込んでゼロバイアス低電圧駆動OTLアンプが完成しました。  電源は2台の24VのSW電源(都合により違うメーカ製)を使用し、電圧調整で+29V,-28Vを供給しています。SW電源ラインにはフェライト+ファインメットビーズのノイズフィルターを入れています。初段のOPamp電源はこれを3端子レギュレー…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

DCX2496内蔵リニア電源(その3)

 前回は電圧不足?だったので電圧を上げトランスを強化しました。その分トランス内蔵にはなっていませんが、リニア電源とのちがいは試せると思います。  DCXはかなり電流を食うので、前回はリップル除去のためにコンデンサを増やした分、立ち上がりに時間が掛かってしまったためかうまく立ち上がりませんでした。  そこでアナログ部分もA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

試聴室巡り(その3)

 試聴室巡り第3弾はミッドタウンに新しく出来たばかりのHarmanStoreの試聴室です。直営店は初めてとかですが、こちらもおしゃれなミッドタウン内のお店の中にあり、試聴は予約制です。  行って見て気が付いたのですが、アパレルと同じようなモール内のコマなのでそれほど広くはありません。試聴室も10畳ほどですが、機材も多いので実は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

試聴室巡り(その2)

 試聴室めぐり、第2弾はパイオニアプラザ銀座地下試聴室でのTAD試聴です。こちらは時間内でしたらフリーで聞けます。  銀座1丁目のデビアスビルという恵まれた環境で地下の展示エリアA,Bはぶち抜きなのでかなり広く天井高も充分です。システムはTADのフルラインでスピーカは主にR-1mk2を中心としたハイエンドセットを聞かせて頂きま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

試聴室巡り(その1)

 先日いつもの仲間と各メーカ等の試聴室を回ってきました。折角なので気になっていた4つの試聴室(Technics,TAD,Harman,AccousticEngineering)を一気に回るという強行スケジュールです。  最初は最近Technicsブランドを復活させた松下電器産業です。こちらの試聴室は有明、国際展示場前のパナソニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DCX2496内蔵リニア電源(その2)

 DCX-2496用の電源を作ってみたのですが、アナログ部の電源電圧が低いと本体が立ち上がりませんね。  トランスの関係からアナログ部は少し低い電圧になってしまうので、それでも大丈夫かと思って作ってみましたが、実機で立ち上がりません。ここはやはり規定どおりの電圧を掛けないとダメみたいです。  ということで内蔵電源はち…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

TIのデジタルアンプ(その2)

 今日は一日雨で降り込められましたので、アンプを組み立ててしまいました。  電源だけとはいえ中々スッキリとは行かず定電圧電源でトラぶりましたが、まあ何とか動きました。スペースが余っている様だったので、デジタルコントロール部の電源は別トランスにしました。   手前の定電圧部と整流回路はアンプの下に2階建てになっています。平滑ブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TIのデジタルアンプ(その1)

 TIのデジタルアンプモジュールが手に入ったので早速電源を作り始めました。  丁度電源ケースに使っていた物が残っていたので穴空けも少し省力化できそうです。パワーが3Ωでは160Wx2取れるという物なので、写真の160VAの電源トランスよりもう一回り大きいほうが良かったのですが、まあ手持ちの流用なのでこのくらいで様子を見ましょう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

電流アンプ用スピーカ(PARC編その3)

 電流アンプ用スピーカですが、PARCの13cmウッドコーンを各ユニットごと通常のエンクロージャに入れ、フレーム部分のみを結合させた対向システムを作ってみました。  DCU-F131Wは(他の機種も?)センターイコライザが背面のヨークからのネジで止まっているだけなので、簡単にはずせます。そこでそこにL字アングルを共締めすれば手…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

H氏邸訪問

 友人S氏と一緒にH氏邸を訪問してきました。アナログ派のH氏ですが、隠れた匠であることを発見する訪問でもありました。  使用されているシステムはスピーカが写真のようにTANNNOYのEDINBURGHにスーパーツィータ、アンプは300BPPでプリはONLIFEのU-22となかなか年季の入った装置です。それも各機器とも結構手を入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三氏来訪

 お盆休みだからと言うわけではないのですが、写真は一人しか写っていませんが、いつものT氏、S氏、N氏にお出で頂きました。今回は前回の逆の順序で、お昼にT氏宅を行き、午後からこちらに回りました。  前座でTangBandのツィンダブルバスレフを電流アンプバランスドライブを聞いて頂きました。低域はそれほどパワーは入りませんが、中高…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

電流アンプ用スピーカ(TangBand編その2)

 TangBandの電流駆動が思いのほか良かったのでバランス駆動にしてみました。  最初は手軽にシングルドライブでしたが、結構いけていたのでバランスドライブ(BTLもどき)にして見ました。  DACはもともとバランスアウトになっているので、アンプを4chタイプに交換して左右で正逆相で増幅、スピーカ接続で同相に接続しなおし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電流アンプ用スピーカ(TangBand編)

 春のPARC鑑賞会では電流アンプ対応の2Wayマルチを紹介しましたが、流石にあれはシステム的に複雑になりすぎてサブとしては凝り過ぎです。そこで適当なのはないかと色々考えたのですが、TangBandのW3-881SIの対向ダブルバスレフを試した所これがうまくいきました。  電流アンプはスピーカのインピーダンスによってレスポンス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

町田オフ会参加

 久しぶりに町田オフ会に参加して来ました。  こちらはCOGさんの世話役で開催されている町田支部会みたいなものですが、つくし野コミュニティーセンターの音楽室でスタジオ並みの部屋なので環境は整っています。  今回もアンプやスピーカなど9組ほどの持ち寄り発表があって大変盛況でした。比較的落ち着いてじっくり聞けるのが良いですね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ES-9018バランス電流出力

 SATRIアンプ用にDACにバランス電流出力をつけてみました。  DACチップは元々バランス電流出力のものが多いのですが、通常のアンプ用には電圧出力が必要なのでチップ出力をI-V変換して電圧で取り出します。  SATRI-アンプはできれば電流伝送が基本なのでそうしたいところです。最近は金田アンプでも電流伝送とかされるよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SATRI-PowerAmp(その8)

 SATRI-ampは出力段が左右違うという変則的な状態でしたが、先日三土会での出力段FET違いのデモも終わったので、ようやく同じFETに付替えました。  やはりここは東芝より、落ち着いた音のsemelab、16N20Wと16P20Wに左chに合わせて交換しました。右chのパワーFETの取り付けは都合でコネクタ形式になっている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

V11SATRI-ampのFET交換

 高域用に変更したSATRI-ampの出力段デバイスを変更してみました。  従来はバイポーラのダーリントンでしたが、これを前回良かったsemelabのFETに交換してみました。  バイポーラをモノポールに交換と言うのあまりしたことが無かったので、今回はどうなるか興味がありますしたが、FET同士でも結構違いがあるので、まあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SATRI-PowerAmp(その7)

 画像は変わり映えしませんが、ツィータとミッドのアンプを入れ替えてみました。  ツィータにNewSATRI基板のバランス(BTL)アンプ、ミッドにSATRI-V11回路のステレオアンプで暫定使用していましたが、どちらかと言えばミッドの方がパワー感が必要ですから、アンプを入れ替えて試してみました。  V11はドライブ回路と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A&R Lab訪問

 出川式電源でお馴染みの出川氏が主催するA&R Labの試聴室に、AudioFunさんと、かべさんと一緒にお邪魔してきました。  出川さんは元日本インターの方でダイオードを専門になさっていた方で独立後第二世代電源として通称出川氏気電源の普及に勤めているのですが、最近はスピーカ販売も始めているとのことで楽しみにしていました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

SATRI-PowerAmp(その6)

 やはり中域のアンプもSATRIに変更しました。  バランスタイプではありませんが、以前作った最新版のSATRIアンプがありますから、それを中域に入れてみました。(写真中断の木目パネルケースのアンプ。最下段が別体電源。)  ついでにそれぞれついていた従来の増設電解コンデンサも新しいアンプに移転して増強します。こういう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SATRI-PowerAmp(その5)

 出来上がったSATRI-ampを早速メインのツィータアンプと交換して試聴してみました。  ゲインをざっと合わせて聞いてみると流石にSATRIは静かで滑らかな音色です。高域がまだ硬めだったのは以前のMITアンプ(写真右手前)の音たったのかもしれません。  SATRIはきつさはないのですが、キチンと高域は延びているのでレベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SATRI-PowerAmp(その4)

 ようやくSATRI-ampが完成しました。バランスアンプなので2台分作っているようなものなので、思いのほか時間が掛かってしまいました。  仕様は 出力  シングルだと15W(8Ω)x4、バランス(BTL)で60W(8Ω)x2 ゲイン  シングル20dBバランス26dB (正負2連VRx2、もしくは左右2連VRx2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SPOZZERIAの新装置

 新装置が聞けるようになったということでSPOZZERIAに遊びに行ってきました。  最近オーナのY氏は友人から数々の保管機器を引き受けられたのですが、使われていなかった装置のためか色々問題もありました。そこは折角の名機なので修理等で何とか無事復帰させ、ようやくほとんどすべての音出しができるようになったところです。  新…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

SATRI-PowerAmp(その3)

 SATRIアンプの電源部ができました。ストック部品の寄せ集めですが、丁度サイズ的にはぴったりはまりました。  220VA級のU字トランスはVer11アンプの名残ですが、このケース用なのでお誂え向きです。  ダイオードはA&Rの60Aの大型、平滑コンデンサはスペースが無いのであまり載せられませんが、25000μと1000…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SATRI-PowerAmp(その2)

 SATRIアンプのアンプモジュールが完成しました。バランスアンプなので前後に基板を配置、これが片chになります。  SATRI基板搭載の固体アルミコンが20V耐圧なので、奥には電力増幅段に19V、電圧増幅段に18V供給の定電圧回路を付け、元電源は1系統ですが定電圧回路で一応前後段の分離をしています。  こちらchの基板…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

SATRI-PowerAmp(その1)

 新しい基板で久しぶりにSATRI-Ampを製作中です。ようやく背面パネルの加工が終わったところです。  前にご紹介した新基板でBTLアンプを作ろうと取り掛かったところでが、基板はわりと簡単に組みあがるのですが、問題はやはりシャーシ加工ですね。  アンプ構成をバランスとアンバラでも使えるようにとの考えから、入出力端子が多…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

powerFET

 SATRIamp用にパワーFETを聞き比べてみました。  最近はディスクリート部品が減ってきて、コンプリのパワーFETは東芝も正式型番から落ちてしまいました。そこで今入手できるsemelab(TTelectronics)のFETを試してみました。  SATRIアンプは無帰還なので、良くも悪くも出力段の差がわかりやすく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more