テーマ:ES-9038Q2M

ES9038Q2MDAC(その4)

 DACのI2Sアイソレータの有無でノイズを調べてみましたが、やはりアイソレータの効果でノイズが減っていました。  右上のグラフがアイソレータ有り、右下がアイソレータ無しの997Hz0dB再生波形のスペクトル(efuさんのWG,WS使用)です。  途中入れたアイソレータはDDCのAMANROからの途中ES9038Q2Mに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ES9038Q2MDAC(その3)

 前回の続きでDIYINHKのDDCのアイソレータをはずしてみました。そうするとAMANEROと中低域ノイズ上昇はほとんど差が無くなり、ノイズの差はアイソレータの有無のようです。  前回DIYINHKに使ったアイソレータはISO7240ですが、結構効いていますね。無信号時のノイズレベルも外すと0.10mV->0.16m,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ES9038Q2MDAC(その1)

 現在のES9039Q2M 3chDACはまあ電源もしょぼいし、3ch分をまとめて作ってしまったのでコモンモードノイズなども有り、将来的には作り直したいと思っています。  そこでこの際、電源強化でどのくらい違いがあるか同じES9038Q2M基板を用いて実験用のシングルDACを作ってみることにしました。  電源は昔のDACのマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ES-9038Q2M 3chDAC(その4)

 その後色々なDACを聞いて、まだまだやることありそうな現行の3ch9038Q2MDACをほぼ1年ぶりに見直してみました。  9038DACはゆくゆくは電源から作り直すつもりですが、その後のシングルDACの経験からも直しておくべき点がいくつかあったのでそちらを先に追加改造します。  基本はやはり電源でまずは残っていた電解…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more