テーマ:SSDAC

DAC比較part1訂正版&追加

 今回は最初にとったSSDAC64の歪率特性の取り直しです。こちらは前報のように測定条件の改良では余り結果が代わり映えしません。  やはり細かい高域の歪列はこのタイプ(多分マルチビット?)の特徴かもしれません。  これだけでは面白くないので、DACのリニアリティも取ってみました。このリニアリティとは例えば1kHzの信号が入出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DAC比較

 左からES-9038Q2MとSSDAC64,ES-9018K2Mの3者のDACボードの歪を測定して見ました。これは-20dB入力の時で0dB時より差が解りやすいですし、実際に普通良く聞くレベルで実力を表わしていると思います。 (SSDAC64は3次スプライン関数補間のマルチビットDAC、トラ技10月号参照)  差が分かり易…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more