OmniMIC 簡易マニュアル

画像
 昔作ったOmniMICのマニュアルを最新版に更新しました。簡単な説明なので細かいところは抜けていますが、むしろ取り扱いよりも音響測定そのものの考え方が大事かと思います。

 まずは測定そのものには余り意味が無いのではないか、測っても効果が解らないという意見が有るとも思います。

 ポイントの一つはスピーカは不完全商品?だということです。つまり設置場所に置くまで性能を保証できない。単品で完全であっても部屋に置いたとたんどの様な特性になるかは保証できません。
 つまり設置後にリスニングポイントで測定しないと基本性能(周波数特性)すら保証出来ないものなのです。

 更に測ったとしても凸凹の特性はどうしようもない?とデータを見ても諦めの境地で測定無意味論までなりかねません。でも今はデジタル時代でイコラザーも簡単で劣化も少なくなっていますから、得失を考えると積極的に補償するべきかと思います。

 もちろんそれ以前にセッティングでベストを探すのは勿論で、それにも測定は役立ちます。

 スピーカ自体の特性が良くなる様に作っておくのは勿論なのですが、それよりもそれ以上に実際のセッティング状態での特性管理をもっと重視する必要があると思いますし、そのための測定はオーディオで必需品かと思うのですが、なかなかその辺の考えは普及しませんね。

逢瀬WATERFALL Integrated 250

画像
 先日、合同会社逢瀬のWATERFALLIntegraed250アンプ(以下逢瀬)を自宅で聞ける機会がありました。

 自宅装置はマルチアンプで専用接続(コネクタ等)になっているので市販アンプが簡単に試せません。そこでミニ対向3Wayスピーカをネットワーク接続でテストすることにしました。アンプ上のケースはそのネットワークケースです。

 比較は私の方はUSB接続で現行のメインのマルチシステムの1ch分をチャンデバのフィルタをフラットの状態にしたもので、DDCはXmos,それにminiDSP(miniSHARK)のチャンデバにDACをES9038Q2M、アンプはTIのTAS5630をつけたものです。

 音質的には比較すると逢瀬はクリアーで滑らかな点が特徴的でした。流石にノイズにこだわったというだけに澄んだ音がしています。
 自宅のは3ch分を統合アンプとした影響で製作時からコモンモードノイズに悩まされようやく聞けるようになったのでその問題が残っているようですね。以前テストで同じ基板で作った個別シングルのDACやアンプの方がずっと良かったのはこの辺が効いていたのでしょう。
 次作はマルチアンプの電源をまとめた統合アンプではなく、基本に立ち返って電源分離型にする予定です。バランス接続も有効とのことですので、できればそうしたいですね。
 

 

AVセット再調整

画像
 メインスピーカは室内を横配置にした設置に変更した為に、横長で見るAVセットはお休み状態でしたが、専用にDCU-F131PP対向とTOT19NC00の変則2Wayをあてがう事にして再調整しました。

 スクリーンを避ける様にスピーカはトールボーイが必要でしたが、ポールスピーカは色々作っているので選べます。しかしAV用としてはワイドレンジでパワーも入る必要があるのでこのセットにしてみました。

 純正の3Wayと比べると中域の解像度は少し落ちますが、このウーファ側のユニットは13cmx2の対向なので、ルームゲインと合わせて低域も良く伸びています。周波数特性はリスニングポイントでスピーカからは約3m、クロスは約2.5kHzの2次FIRです。

 AV用にはやはり最低域が充分出ないと面白くありません。その点設置を工夫数とこのスピーカでも50Hz以下でかなりたっぷりとした鳴りっぷりになります。これならヘタなサブーファも必要ないほど最低域が伸びて充分でしょう。中高域も素直で、最近はリバースヌルよりアライメントをあわせる方を重視した再調整で、その後は他のシステムともひけをとらないほど奥行きとバランスが良くなりました。

 こちらはメインと違って横配置なので、スピーカまでの距離も充分取れ、音像レイアウト的にもやはり落ち着きますね。低域が伸びれば横配置もいいです。やはりどっちをメインにするか悩ましいです。

mini対向スピーカ(その9)

画像
 久しぶりにネットワークSPが必要になり、以前のmini対向3Wayを見直したのですが、やはり当時アライメントが詰め切れていなかったようで、再度全体を見直し再調整しました。

 ネットワークの場合は物理的な前後でアライメントを調整するのですが、まあボイスコイルの前後位置を合わせておけば後は周波数特性を見ておけば良いだろうとその時は余り深く追求してい無かったようです。

 今度改めて細かく再調整してみるとやはりツィータの位置がベストではありませんでした。ツィータの高さが少し耳の高さから低いことあって、最適方向は少し仰角を持たせて上向きにする必要もあり、中域と垂直だとツィータ位置は前気味なことが解りました。そこでツィータの取り付け方向を逆側にして3cmほど位置を奥に下げました。

 従来位置が写真左側で修整後が右側になります。上グラフはそれぞれのWaveletで、やはり従来ではグラフ上の高域が左側に曲がり、少し前気味なことが解ります。
(下側の写真は左方向がスピーカ正面側になります、ユニットは左右についているので、真横の写真にユニットの正面が見えます)

 合わせて周波数特性も少し追い込んでツイータレベルを1,2dB下げると非常にバランスが良くなり、奥行きが増し、かつ広がりも本来の無指向性に近い特徴を生かした広大な臨場感になりました。

 室内の設置位置も横置きにすることで低域のルームゲインで伸びワイドレンジになります。スピーカは調整次第でやはりかなり化けますので使い込みが肝心ですね。

Colleen邦楽ライブ

画像
 昨日我孫子オーディオファンクラブの主催でColleenさんらの邦楽ライブが開かれました。「ワタシが日本に住む理由」で紹介されて注目されましたが、ColleenさんはAAFCの我孫子に近い東葛の新松戸にお住まいという縁もあって、AAFC恒例のコンサートにお出でいただいたようです。

 明るい語り口と琴、三味線、尺八の合奏を上手くアレンジして、ちょっととっつき難い邦楽を飽きさせずに楽しめる構成は中々です。オリジナル曲も含めて1時間半ほど演奏は会場を和やかに楽しい時間にしてくれました。
 当日は生憎の雪模様でしたが満席になるほどの来場者もあり、事前の心配も杞憂でした。

 折角のコンサートなので私も録音をする予定でしたが、今回は機器の不調で間に合わず、ポータブルで済ませることにしました。まあもう一方のD氏の方が友人と共に本格的な録音をして下さったので安心かと思います。

三味線 Collen Christina Schmuckal
琴    樹本 佳音里
尺八   森 維久山

大創スピーカ(その5)

画像
 大創スピーカは約80cm長のポールの底を十字スタンドで2cmほど持ち上げて開放し、ポールの管共鳴で低域を持ち上げると100Hzぐらいまでほぼフラットになりました。このくらいなら後は若干の周波数特性の補正でこの状態でも使えそうです。(測定は室内1m)

 グラフはこの周波数特性と下がポーラパターン(左右90度、15度間隔の測定)の図です。左右90度のデータですが、前後対称形なので全周もほぼ同じはず。短距離で配置され前後左右に直角4ユニット対向が効いて、全帯域がほぼ水平無指向性になりました。周波数特性はポーラパターンが解り易いように若干ピークを抑えて補正してフラットにしていますが、そのまま補正無しでも充分聞けるレベルです。

 まあこれから最低域を伸ばそうと頑張るのも面白いですが、それはサブウーファをどうするか考えてからにすることにしました。
 100Hzまで出ているとウーファはなくとも結構これだけでも充分音楽が聞けます。4ユニットのお陰で思ったよりパワーもかなり入ります。それに全帯域対向で高域まで全周フラットですから、立ち上がりも良く、高域のエネルギー出力が半端でないですね。音の切れの良さはピカイチです。極安の大創スピーカですが、そんなユニットとは思えない音でやはり大創、侮れないです。
 シリパラでも負荷4Ωと厳しいので、駆動するアンプで音色もコロコロ変わります。その辺も面白いですね。

大創スピーカ(その4)

画像
 対向は片側2組で計4個のスピーカをつけました。90度ずらせて2段重ねでバッフル間はできるだけ最小寸法にしました。対向ユニット間にはボトムエンドに5mmほどの板を挟んで長ネジでバッフル板と一緒にトモ締めです。

 接続はシリパラですが、内部スイッチで中点をショートできるようにしてパラシリにもなります。特性はほとんど変わりませんが、聞こえ方はちょっと変わります。前者の方が広がりがあり伸びやかですが、後者は厚みが出て馬力があります。この辺は好みで選べはよいかも。

 音の方は中域にちょっとピークがありますのでそれを補正すれば結構まともです。対向のためか小型の割りに力強さがあって音色的には面白いスピーカですね。

 流石にこれでも低音は出ませんので、低音を追加して2wayにしようか考慮中。

DSDダイナミックレンジと情報量(その2)

画像
 DSDデータの最大値はどうかという質問があったので0dBの周波数特性をスィープで録ってみました。96KHz24bitで20Hzから44kHzまでの0dBスィープを一旦DSFに変換してからPCMに戻しWaveSpectraでピークを測定しいます。

 高域までレベルもきちんと出ています(数値レベルは見やすく変更しています)。最高域で少し下がるのは元のPCMでも同じなのでWSの特性みたいです。
 ホワイトノイズでも測っていますがこちらも同様ですので最大値は問題なさそう。

 ところが肝心のFF400のノイズレベルが以前ほど下がらなくなってしまって何だか良く解りません。深海のサルベージみたいで上手く測れていたのかも何か自信なくなりそう。何か間違えて測っていたのかなぁ。

大創スピーカ(その3)

画像
 そのままシングルでエンクロージャを作ってもよいのですが、シングルではパワーも入らず能率も低いので、ここは音圧を稼くために複数使用を前提に考えます。

 折角の複数使用ですから、まずは対向にして使ってみようかと思っています。対向は立ち上がりの改善に効果的で切れの良い音が望めます。ユニットのつくりを見てみるとエンド(底)のヨーク面が平らなので対向するにも使い易いです。

 スペーサを挟んでユニットは対向にしてバッフルと共締めにしてとめることにします。後は全体のエンクロージャをどうするかですね。いつも対向はこの辺が難しいのが難点です。まあゆっくり考えましょう。


DSDのリニアリティ

画像
 DSDフォーマット変換を経由した微小領域の直線性を測定してみました。

 前回のやり方でDSD64フォーマットを経由して-100dBから-143dBまでの計算値データの変化を測定します。元のPCMデータとDSDとの差分を取っていますが、流石に-140dB以下はPCMでも値は怪しくなります。

 それでもDSDも含めてほぼ極小の-143dBレベルまで微分直線性のある出力が取れているので凄いですね。まあ考え方に間違いは無いとは思うのですが怪しいところがあるかもしれません。

 できれば今度実際のDSDDACのアナログ出力も見てみましょう。

DSDのダイナミックレンジと情報量

画像
 ちょっと話が難しくなりますが、DSDフォーマットにどの位の情報が入って送れるのかを考えてみました。以前考えていたレベルではDSD64(2.8MHz)だと高域では16bitがやっとで、PCMフォーマットのハイサンプリングに対してDSDは余り優位性ははないのかと思っていました。

 構造の考察からではそのくらいかと思っていましたが、実力は実際にデータをテストしてみたらというアドバイスがあり、なるほど測定方法を考えてみると変換を経由すればDSDの実力データが取れそうです。

 その方法はまずはWaveGeneで10kHz正弦波の微小PCMデータを用意します。これを一旦DSD64にAudioGateでDSD変換します。今度はそれを再度PCMに戻してそのPCMデータのスペクトラムをWaveSpectraで測定してみました。(データフォーマットは96kHzfs32bitフロート)
 こうすればDSDフォーマットを経由しますのでDSDに入る分しか最後のPCMには送れないことになります。DSDの伝送能力の限界はその間の劣化を見ればよいことになります。

 今回もインターフェースはFireWire400を使用しましたが、アナログ系の影響を除くためデジタルでのループバックで変換のみの結果を見られるように考えました。


 結果は途中リニアリティも見ていますがどちらも-140dBくらいまではほぼ直線性を保っていて、24bit最小ビットのLSBのみとなる-143dB振幅でも図のようにきちんとそれらしい結果のデータが残っています。(上がPCMデータで、下がDSD変換後PCMに戻したデータ。ゲインの約6dB差は今回の計測時の問題で常にある)
 
 これでDSD64でもPCM24bit相当の実力(ダイナミックレンジと分解能)が入ると考えられます。
一波長のデータ構造からは難しそうですが、まあ連続正弦波ですから時間的に広がっているのかもしれません。果たしてどの様にしてDSDにこれだけの情報量が入っているのか興味がわきますね。

CF120に換装2Way

画像
 以前のDENONユニットを使った2WaySPのウーファをDaytonのCF120-04に換装してみました(ツィータはXT25SC90-04のまま)。幸いにも外径がほぼ同じだったので割と感単に入れ換えることができました。

 今回は分割をデジチャンでなく簡易マルチとしてアナログCRフィルターによるチャンネル分割にしてみました。マルチを手軽に出来る方法としては上手くいけば便利に使えそうです。

 またCRだとカットアンドトライも面倒なので、チャネルデバイダのシミュレーションツールとしてSpeakerWorkShopを使って検討することで調整を簡略化できないかと考えました。

 ご存知の様にSpeakerWorkShopにはLCネットワークのシミュレータがあるので、これを上手く活用してみます。分割フィルターはLCの変わりにCRで組み、スピーカユニットの周波数位相データはそのまま使いますが、インピーダンス(位相)データは定値のアンプの入力インピーダンス(位相0度)と変換して読み込ませます。

 これで通常のLCネットワークと同様CRタイプのアナログチャンデバのシミュレーションができます。今回低域はCR1段、高域は2段のフィルターの2kHzクロスのチャンデバを組んで見ました。

 これでシミュレーションした結果が上のグラフで、実際のデータが下のグラフになります。中域は今一つの所もありますが、概ね合っていると思います。

 実測データをベースにするSpeakerWorkShopは位相特性やオフセットによるアライメントもシミュレーションできるので、機能的にほぼ万全ですね。

 CF120は前のユニットよりやはり低域が伸びているので試聴が楽しみです。

大創のUSBスピーカ(その2)

画像
 箱を開けて特性を測ってみました。磁石が弱いせいかQは高めですが、むしろ低域を上手くカバーするのに使えるかもしれません。現状だと300Hzぐらいに山があり、低域はまったく望めませんが、2リットルぐらいの箱に入れるとレンジも広がり良さそうです。

 諸特性は4個平均で

 Re 3.8Ω fo 170Hz Qts 1.6 Ms 0.73g Vas 0.22L

 です。結構ばらつきはあり、作りは悪くないのですがやはり値段どおりかも。振動板が軽いところは良さそうです。

スピーカフレームのアーシング

画像
 写真解り難いですが、スピーカのフレームからリードを出し、システムのグランドアースに落としています。これは最近のFGアースと同じで、昔のシステムではやっていたのですが、最近はサボっていたのを思い出してやってみましたが、それなりに効きます。

 確かTADやTANNOYでも昔はスピーカのフレームアース端子がある製品がありましたが、今は見かけないですね。

 これも理論的には理由は良く解らないのですが、音への影響があります。勿論システムによってその効果の差は大分ありますが、結構聞き分けられるかと。

 メリハリが出て弱音が沈み込みダイナミックレンジが上がる様に聞こえます。まあケーブル交換と似たようなものかもしれませんが、こちらはコストはほとんど掛から無いのがメリットかな。

 まあ注意点としてはフレームの塗装(アルマイトなどの処理を含む)がある場合にはキチンと剥がしてアース線とフレームの導通を確認する必要があります。

 アース回りはいろいろと面白いですね。

大創のUSBスピーカ

画像
 ご存知100円ショップで有名な大創で売っているUSBスピーカです(ただしこちらは300円)。300円とはいえしっかりした箱に入った4cmスピーカがアンプ付きでステレオで聞けます。

 給電がUSBで入力信号はステレオジャックですから、ノートPCのデスクトップ拡張用といったところでしょうか。実は町田の会でこれをベースに本格的に作っていた人もいたのですが、結構マトモな音がしています。この手の小型スピーカはいくつか出ていて聞き比べた事は無いのですが、同じ出元なのでしょうかね。

 特性を測っても流石に低音は出ていませんが、中音以上はかなり素直で聴感を裏付けます。スピーカは元々構造も簡単で部材コストは安いのでノウハウと数量がまとまれば恐ろしく安く出来るのでしょう。ちょっと遊んでみるもの面白そうです。

Hypexアンプ

画像
 UcD180STに続いてUcd32MPアンプを入手しました。こちらはローコスト2chデジタルアンプで小パワー(30W4Ω)ながらSW電源込みで50€(ボードのみ、写真のケース等は別)とかなりお安いのが特徴です。思いがけないプチクリスマスプレゼント。

 音の方はそれなりにいけますが、一応UcDアンプなのでオーバーオールの帰還が掛かっていて歪は少ないはず。小規模用なら結構いけますね。この派生で4ch,6chアンプもありますが、4chも現在のロットで終了とか。やはり小パワーではデジアンは売れないのかな。

 ワンボードなのでノイズ対策も少しやり難いのでどうしましょうかね。入力に電源だけでもやっておきたい。
 

foobarを高task priorityに

画像
 ゴンザエモンさんの日記でPCオーディオソフトのプライオリティを上げて聞いてみました。JPLAY以前は確かにそのような事をやっていましたが、その後はすっかり忘れていました。

 というわけでDualFoobarでもプライオリティをrealtimeにあげてみます。場合によっては高までしか上げられない場合もありますが、とりあえずレンダラーのaudioPCではfoobarとDDCのドラバイーを、ControllPCではfoobarだけになりそうですが変更しました。

 まあそれなりに効いているようで全体に締まり高域は切れが良くなります。中々良い感じなので採用決定です。起動コマンドで自動化も出来そうなのですが、これから試してみましょう。

 

DAC比較part1訂正版&追加

画像
 今回は最初にとったSSDAC64の歪率特性の取り直しです。こちらは前報のように測定条件の改良では余り結果が代わり映えしません。
 やはり細かい高域の歪列はこのタイプ(多分マルチビット?)の特徴かもしれません。

 これだけでは面白くないので、DACのリニアリティも取ってみました。このリニアリティとは例えば1kHzの信号が入出力の間で比例関係がどのくらい保たれているかを表わしています。

 グラフの最初の方で乱れているはSSDAC64ですが、これは内部演算処理が16bitのためで、理論上も早くからリニアリティがずれてくるからです。

 他のグラフとも一緒に書いていますがこのとき横軸は等間隔では無いのに気をつけてください。

 残りは内部演算が24bit処理系なので-120dB辺りまではほとんど問題ないレベルで変化しています。各機種間の差は後はノイズとの絡みもありますので、この程度ならどれでもほぼ問題ないと思います。流石に1ビット系は結構リニアリティは保たれているようですね。

DAC比較part2訂正版

画像
 前回のDAC比較測定も色々やっていると少しおかしい点が見えたので取り直しました。測定は中々難しいですね。
図は前回と同じ左からAK4490,とRMEのFF400(初代)ES-9038Q2Mです。

 測定のポイントはやはり対になるA/Dの影響をいかに少なくするかで、どうやらFF400の入力感度を-10dBVから+4dBVに上げた方が予想に反してひずみが下がりダイナミックレンジが取れそうです。また表示を平均値としたのでノイズ成分も少なくなり見易くなりました。

 結果、前回と比べてグラフ中央のFF400の高域歪が1.25kHzの高次は残っていますがピークは20dBは良くなっています。FF400のイメージは余り良くなかったがこれなら優秀なレベルといえるでしょう。まあ低域は9038などと比べるとやや(10dBほど、ハムもちょっと多い)高いですが4490などと比べると充分優秀だと思われます。

 4490や9038には7,8,9kHzあたりの特徴的なノイズが見えますが、これもFF400はわずかなのでUSB経由による問題(FF400は本体出力をループ)の様にも思えますので、DACの歪ではないかもしれません。

 SSDACもデータを取り直していますが、こちらは余り大きな変化は無さそう。

Daytonユニット入手

画像
 気になるユニットがあったのでちょっとポチりました。Daytonのウーファで左がCF120-4、右がND140-8です。hiroさんが使っているのを聞いて面白そうなので手配しました。

 到着して早速特性を測ってみましたが、NDの方はほぼカタログスペックどおりですが、CFの方は少しずれていますね。

ND140-8
maker sample
fs 56.5  57.5 Hz
Qts 0.68  0.68
Ms 10.4  10.4 g
Vas 7.74 7.18 L

CF120-4
maker sample
fs 53.2 63.6
Qts 0.28 0.34
Ms 6.9 6.3
Vas 4.87  3.7
SPL 89.1 85.5

NDは噂のとおりペラなフレームですがネオジなので@355gと超軽量、CFの方がダイキャスト+フェライトなので小さいながら@910gもあります。

NDはサブウーファ向き?CFはQガ低いので小型エンクロージャでも結構いけそうだと思います。

まあボチボチとシステムを考えながら作りたいと思います。

理科fes

画像
 先日北千住の東京電機大学キャンパスで行われた関東の大学オーディオクラブの合同イペントに参加してきました。

 参加大学は写真左上から
中央大学理工学部電気工学部オーディオ班
東京都市大学電気電子研究会
 下段
神奈川工科大学オーディオ研究部
日本工学院八王子専門学校オーディオ研究会
 2段抜
首都大オーディオ研究会
東京電機大学オーディオ技術研究会
立命館大学音響工学研究会
明治大学AudioEngineeringClub
 の8団体です。

 各団体から順繰りに発表作品のプレゼントとデモが行われました。作品も初級から凝った設計までバラエティに富んで、ユニットメーカも広範囲にわたっています。

 最近は若者のオーディオ離れが言われていますが、大学生でも結構オーディオに熱心なメンバーが居て、頼もしい限りですね。製作品の仕上げや設計技術なども玄人はだしのレベルもあり聞き応えがありました。

 今後の皆さんの更なる発展に期待すると共に、世代を超えた交流が深まればと思います。

DAC比較part2

画像
 DAC比較の第2弾で左から旭化成のAK4490,とRMEのFF400(初代)、比較に前回と同じくES-9038Q2Mも載せてみました。入力レベルは-20dBで条件は同じです。

 4490は大体9018K2Mと同レベルでノイズや歪性能はよく似ています。

 FF400は中域のノイズは優秀ですが、低域はそれほどでもありません。ハムが見えるのはちょっと残念です(ループバックがアースループができてまずいのかな?)。中高域の歪は特徴的ですが特に高調波のレベルは低く優秀です。

 以前のSoekrisのマルチビットDACとも比較すると面白そうです。

DAC比較

画像
 左からES-9038Q2MとSSDAC64,ES-9018K2Mの3者のDACボードの歪を測定して見ました。これは-20dB入力の時で0dB時より差が解りやすいですし、実際に普通良く聞くレベルで実力を表わしていると思います。
(SSDAC64は3次スプライン関数補間のマルチビットDAC、トラ技10月号参照)

 差が分かり易いのは9018が他の2者とくらべノイズレベルが高いですね(AK4490も同様)。9038とSSDACはバックグランドノイズ並みで優秀です。高調波歪も9038が優秀で、SSDAC、9018の順にレベルが大きくなってきます。特に10kHz以上での1kHz折り返し?ノイズの差も大きいように見えます。

 9038は他と比べると1kHz信号の裾野が少し広いのでジッタは多いかもしれませんね。ただし他の2者とDDCが異なりHDMI経由なのが効いているかも。

 入力レベルが0dBだとむしろ3者の(ノイズレベルは解りますが)歪の差は余り顕著に出ません。また-20dBより入力レベルが下がっても歪やノイズはあまり下がらず、変化は少なくなります。

 歪の基準とされる-60dB再生では

画像

 こんな感じになり、9038では高調波歪はまったく見えずバックグラウンドと変わらなくなります。

 SSDACは入力が-97dB以下で出力が無くなるので16bit対応?なのでしょうか。9038、9018等は24bit対応なのでそれ以下でも出力がありますが、特に9038はノイズレベルが低いので-120dB以下までリニアリティが確認でき、何と24bit限界の-143dBまで出力が見えます(-144dBだと無くなる)。もうデジタルVRでのビット落ちを心配する必要は余り無さそうです。

 この辺歪やノイズでは流石に最新のES9038チップの威力でしょうか抜群の性能ですね。SSDACも汎用のチップをはるかに越えるかなりのレベルに達していると思います。

 測定環境
 信号源 WaveGeneretor (efuさん作成)96kHzサンプリング24ibt
 A/D   RME FireWire400(96kHzサンプリング)
 スペアナ WaveSpectra(131072サンプリング、Hannig)

交差法から平行法?

画像
 システムのアーシングに伴って大分音質が変わってきたのでスピーカの角度を平行法に近づけました。大体35度くらいの内振りでスピーカの軸延長がリスポジ前の交差だった(左)のを、内振り15度ほどとしてほぼスピーカ正面向け(右)にしました。(ウーファは固定にして上のミッド、ツィータのみ回転)

 あちこちアンプ系のアース(フレームグラウンド)を取り直すと大分音質が変わってきました。以前は音像の密度感の向上と奥行き感からスピーカはかなり内振りで良かったのですが、アース接地でピントが有ってきた分密度感が上がり音場もセンターに集まり過ぎるくらいになりましたので、それをうまく再調整しました。

 角度的にはそれほどでもないようですが、リスポジから見るとクロス点が前から後に移動しこの辺の変化が大きいです。それでも奥行き感も損なわれず音像の厚みも出ていい感じになったように思います。

 流石に平行法も正面(0度)までにすると部屋の使い方が横配置なので中抜け感がありますが、角度的この辺が良さそうです。まあ未だ変えたばかりなので周波数レベルバランスと共に少しづつ追い込んでみようと思っています。

 

FGの大地アース

画像

 以前機器の簡易的な大地アースを試していた事もあって、アースラインは敷いてあったのですが、面倒になってそのままでしたが、色々試しに再開してみました。

 基本的にフレームアース(FG)のみを落とし、アースループになるので信号グランド側は落としません。まそれでもSW電源やノイズフィルターなどはコンデンサでアースに落ちている場合もあるので中々難しいところです。

 まあ駄目なら戻せばよいですし、物は試しと落としてみました。

 それなりに接地はやはり変わりますね。変化の具合はちょっと説明しずらいですが、音場の雰囲気が変わるような感じで全体が落ち着きます。比べると以前は足が地に着いていないというかふわふわしている様に聞こえます。

 クラシックなどは音場が広く効果的の様に思いますが、スッキリとして躍動感は少し落ちる感じで音は薄めになりますね。

 以前はスピーカフレームまでアーシングしていましたが、これはこれでまた嵌りそうな感じです。まあコストはほとんど掛からないのが利点ですが。
 

Volumio2のDSD Direct再生は?

画像
 VOLUMIOではプレイオプションでDSD Directの指定が出来るので、直接I2S信号にDSDデータが載せられそうです。I2SにDSD信号が載ればSDTrans以外でもI2S経由の再生でES9038が使える様になるかと早速試してみました。

 拡張ボードは前回のPCM5122を使ったマスターモードです。これでDSFファイルを再生してみると画面にDSD再生の文字が表示され音も出て一安心と思ったのですが、良く調べてみるとI2Sに出ているのはDSD信号ではありませんでした。
 I2S信号に載っていたは352.8kHzfs(8fs)のPCMフォーマットでした。まあ音は良いのですが、指定のDSD Directにはなっていません。

 良く考えるとDACチップのPCM5122はDSDを受けられませんから、「HiFiBerry DAC Plus」ドライバーではDSDモードは生きていないのでしょう。お粗末さま。

 それではDSD Directの再生方法はというと今の所対応DACチップのボード(ドラバー?)に変更するしかないようですね。その時はマスターモードで動くようにならないのかな。

ラズパイトラポ

画像
 話題のラズパイも3BにマスターモードのPCM5122を載せてI2S(HDMI)も付けて、改めてメインと比較して聞いてみると結構使えそうなレベルだと思いました。そこでこの際電源を作り直して可搬性を良くしてみました。

  前のアナログ電源はHDD電源などの流用だったので、不釣合いに重く大きかったのです。これを必要充分な容量にしてラズバイと同じケースに入れ込みます。この際この所のノイズ対策も盛り込んで仕上げました。
 ケースといっても相変わらずのタッパケースですが、これが軽くて加工しやすいので便利です。

 電源はRSのトロイダルを使い通常のショットキーと3端子レギュレータとそれほど凝ったものでもありません。出力に5穴とコンデンサの梯子方フィルターを入れているぐらいです。

 PCとのLAN接続は無線(Wifi)もできるのですが、ノイズのために有線にして、出力はHDMIでデジチャンにつないでいます。

 音の方はメインと比べると少し中低音が薄い感じですが両端はしっかりと出ているので、解像度は高く感じられます。少し高域は五月蝿い感じも僅かにありますが、その分低域も含めて切れの良い音に感じられます。少しバランスを調整すれば結構いけますね。

 重量はトランス込みなので1.3kgとまあまあかな。

convolverによる特性補正

画像
 先のrePhaseとconvolverによるスピーカ特性補正がどこまでいけるのかという話しがあったので、良さそうな自動補正はまだ見つけられませんでしたが、手動でも概ね±1dB程度までは追い込めそうです。

 具体例を挙げると図の上はあるスピーカの素の周波数特性で、下がそれをrePhaseで補正した理論値です。関係ないかもしれませんがこの場合位相も含めて個別に補正が出来ます。まあタップは10000Tもあれば充分でしょう。(5dB/1div)

 rePhaseによる補正はグライコタイプですが15Hzから40KHzまで1/3oct間隔で39バンドありますので、結構細かいところまで出来ます。

 実際この手の補正は高域では測定ポイントでの変動が大きいので、余り効果が無い(むしろ有害?)とも思っています。まあ今度実際に試してみてその影響を聞いてみたいと思います。

convolverによるSP特性の補正

画像

 foobarのconvolverによるスピーカの補正は以前に書きましたが、13cmウッドのDCU-F131Wを使って作ったポールスピーカにも適用してみました。このユニットは以前作った左右対向の流用です。

 元々13cmウッドは高域が少し持ち上がり気味なのでポールスピーカには高域が下がって丁度良いかなと思いましたが、流石にそのままだと高域が物足りません。そこで反射板をつけているのですが、今度はそれだと強すぎるので僅かに補正を入れています。

 黒線が元で紫が補正後です。合わせて位相もフラットにしていますが、こちらは効いているかは良く解りませんが、高域のレベル補正はやはり落ち着きが出ますね。

 後色々試していて気が付きましたが、convolverの補正ファイルはサンプリング周波数を指定して計算しているので、ソースのサンプリング周波数が変わるとピークがずれてまずい事になります。まあソースごとに補正ファイルを入れ替えればよいのですが、それでは煩わしいので、ソースを一定の周波数にアップサンプリングしてしまう事にしました。

 つまり前段にリサンプラーを入れサンプリング周波数を固定してしまえばよいわけです。

画像

 このリストアップの順番も大事で最初にリサンプラー、次にconvolverを入れます。こうすればソースのサンプリング周波数にかかわらず同じ補正ファイルで上手く計算してくれます。

ES9038Q2M DSD再生

画像
 最近のDSD再生はDoP方式が主流になっているようですが、マーカが付くのでデータ量が増えるなどハイサンプリングにはちょっと大変です。 
 個人的には最近はPCMに戻ってしまってDSDはご無沙汰なのですが、ES9038Q2Mの中華基板でもそのままでもシームレスでDSDが再生できるような仕様になっているというのに気が付いて、ちょっと試してみました。

 DACチップのみで自動切換えが出来るとは思っていなかったので仕組みはわかりませんが、割り当てピンにDSD信号をそのまま載せると対応してDSDの再生できる事が確認できました。この基板ではDSD256まで対応しているようですが、実際そこまではまだ確認していません。

 DoPではDSD64までの所も多いのでダイレクトでいけるのはありがたいのですが、良く考えるとそもそもDSD信号を生で通す方法が結構難しそう。

 実験はP2D基板で変換したDSD信号を入れていますが、SDTransなどはそのまま出るようです。他にいい方法があるかな?

初代のminiSHARCをS/PDIFoutに変更

画像
 初代のminiSHARCのデジタルアウトを直接デジタルでデジタルアンプに繋げられる様、HDMIのI2SからS/PDIFに変更しました。(フルデジタルのデジアンですがHDMIIのI2S入力が無く、S/PDIFしか無いので)

 初代デジチャンは入力もS/PDIFで、汎用性を考えると出力もS/PDIFの方が使い易いです。I2SからS/PDIFへの変換基板は新たに作るのも面倒なのでDCXで使っていたのを流用しました。

 とはいえ改造は載せ替えだけで簡単かと思っているとやはり落とし穴が。

 miniSHARCではBEHRINGERと違ってMCK(24.576MHz)が256fsなのでトランスミッターの設定変更が必要なのは直ぐに気が付きましたが、変更してもどうも雑音が盛大に出てまともに動きません。

 色々調べてみるとS/PDIFはもとより内蔵DACからでもノイズが出ているので、どうも本体のSHARCの動作がおかしくなっているようです。
 なぜか解りませんが、結局MCK信号を本体基板から取るとダメなようです。波形的には問題ないようなのですが、念のため電源系を本体基板側からとっても同じで、お手上げ状態です。

 対策が無いかを考えましたがMCKを取れないとトランスミッターは何としても動きません。しかし良く考えるとMCKは他の信号とは非同期でもOKだったはずと思い出し、別の発振器を載せそちらからMCKを供給してみると、ビンゴ!上手く動きました。

 という事でようやく無事S/PDIF出力が完成(といっても3chまでですが)。

3kg球アンプ

画像
 暮れのお寺大会課題の球アンプですが、やはりここは3kg以下に挑戦という事で50BM8のパラシングルアンプを組んでみました
 といってもベースは昨年のSW電源使用の球アンプを流用しています。まあそのままでは流石に芸が無いし、簡易SW電源では取り出せる電流不足で電圧低下もあったので、電源部等を改造することにしました。

 3kg以下となるとやはり普通の電源トランス付きはかなり難しいので、SW電源から変えてトランスレス電源としました。ただしそのままでは勿論レギュレーションに入りませんので、入力にもトランスを入れ、アンプ自体が無帰還なので回路全体をフローティングして使用しています。重量はまだ底板無しですが、2.43kg(電源コード含まず)です。

 入力トランスはTamuraのTpB-202が手持ちで有ったのでこれを使い、B電はAC100Vの両波倍圧整流で約280VDCを取り出し使っています。ヒータは50BM8を使い2本で100V直結です。

 AC100Vの倍電圧整流だと流石にレギュレーションは良く、電圧はびくともしませんが、良すぎて?ラッシュカレントが大きいのが難点。そのままだとSWが簡単に焼きついてしまいます。そこでACラインに保護抵抗に8Ωほど入れています。消費電力は50W弱でロスも4V以下なのでまあ余り気にならないレベルかと思います。

アンプ更新

画像
 低音用のアンプも物は試しと写真上のHypex社のUcd180STモジュールを使ったデジタルアンプに変更してみました。電源は同じ200Vですが、TIのアンプよりやはり若干こちらの方がしなやかな音の様で、音色的にはこちらの方が中高域に使っているSATRI-ampには合うようです。

 そしてSATRIにはグレードアップ用として作ってあった増設電解コンをまた出してつないだりしてみます。お陰で段々とまた機材が増え、折角の断捨離も元の木阿弥に戻りそうですが、音色を確かめながら組合せを楽しみながら遊ぶのもまた一興、やはり増設コンはスッキリとした音作りには効くようです。

 FIRやIIRなどのフィルター違いや増設コンの有無などでスピーカ以外でも色々と音の違いを楽しめる要素は色々有りそうです。

ポールスピーカ第3弾(その1)

画像
 081PPのホールスピーカが中々面白い音をしていたので、更にサイズアップしてDCU-F131Wの150φポールスピーカ第3弾を作ってみました。

 とはいえ元は昔作った左右対向のスピーカをバラして独立させたものです。その時は容積は左右共用で半分だったため低域が苦しかったのを考慮し、単独エンクロージャで容積を倍にしてみました。

 今回はユニット回りのバッフルが元々スリットバスレフになるように出来ていますので、底はベタ置きでふさぐようにします。

 流石に8cmPPとは低域の余裕が違いますし、能率も高い様で余裕のある音が出ています。このままでは相変わらず高域はたら下がりですが、余り不足感はありません。まあ反射板なりツィータ付加なり色々と試してみようかと思います。

DATS V2

画像
 スピーカのインピーダンス測定にDaytonのDATSを使用していますが、現在はV2となり、ソフトもそれに対応してバージョンアップされています。私のは古いV1ですが、V2との差は余り無さそうなので気にしていませんでした。でも専用の測定ソフトも1年も前からV2にバージョンアップされていて、どうやら使い勝手も良くなっているようです。

 それに私のは最近特定のPCで上手く計測できなくなったこともあり、V2ではよくなりそうなので測定ソフトをV2にバージョンアップしました。ついでに言うとソフトはアッパーコンパチでV2のソフトでもV1は動きますが、V2のハードはV1のソフトでは動きませんでした。

 ソフトの更新で何とか測定が出来るようになったPCも増えましたが、VISTAの1台ではソフト自体が起動しないという不具合がまだ残っています。まあそれでも他のが使えるようになっただけでもありがたいです。

 機能的にはほとんど変わらないようですが、TSパラメータが、容積法、付加質量法以外に音圧感度から求められる様になっていますが、音圧感度を精密に測定するというのは意外に難しいですね。

 まあ測定がきちんとできるようになっただけでも良かったです。
 

リニアアンプ復活

画像
 一時断捨離したアンプ類ですが、やはりデジアンの荒さが少し気になって一部通常のアナログ(リニア)アンプを復活させてみました。

 復活させたのは以前中域に使っていた完全バランスSATRIテレオアンプで、これを2chアンプとして中高域に使用してみます。
 そうは言っても低域にはやはりスィッチングの方が相応しそうなのでこちらには同じTIのTAS5630シングルアンプをあてがい、パワーアンプを従来の3chデジタルアンプとの2系統としてみました。

 2系統は入出力が専用コネクタなので変換プラグを用意して簡単に交換できるようにしています。

 新しい?2系統目のアンプは流石にアナログ(それもSATRIの最新チップに色々部品も凝った)アンプなので、滑らかさは1枚上手ですね。今までちょっと気になっていた荒さの問題点はやはり一気に解決かなと思います。
 色々とノイズ対策を進めているうちに他の面が良くなって、アンプの問題点が浮き彫りになってきたのかも知れません。
 低域のシングルアンプは以前の3台分のが1台占有で強力になって良さそうです。またHypexのUcD180STアンプもあるのでこちらも試して見ましょう。

 そういえばアンプ下のフローティングボードも効いていそうです。

 まあ当面は色々切り替えて楽しめそうです。

後壁面の反射

画像
 室内での中低音の周波数特性の乱れは、後壁からの反射(定在波)による乱れが一番の問題かもしれません。

 例えば図はスピーカを半間幅の壁から約45cm離した時の周波数特性で、この場合は見事に200Hzと600Hzにディップが出ています。フリーの状態ではこのディップは無いことから、後壁の影響と考えられます。

 いつもこの様に綺麗に反射の影響が出るとは限りませんが、丁度後壁からの距離が半波長、1.5波長の時には壁からの反射波と直接波の打消しが原理的に起こると考えられます。

 正確には後壁の大きさや周波数、他の天井や床などの反射の影響も加味されるのでピタリとは行かない場合も多いのですが、デスクトップなど相対的に後壁が大きい場合には注意する必要があると思います。

 いずれにしても室内では中低音が部屋の影響を受けるのでセッティングは色々とトライしてみる必要がありそうですね。

CW250Aの測定

画像 某所でFOSTEXのサブーファCW250Aを測定させてもらえました。最低域が15Hzぐらいとカタログに偽りは無かったようです。データは内蔵フィルターをパス(スルーポジション)し外付けのLR-48dB/oct38Hzのフィルター入りです。

 更にこの機種はモードという設定項目があるのでその差も測定してみました。グラフで黒がMOVIE、茶がROCKです。SYMPHONYはデータを保存し忘れたのですが、MOVIEに少し低域が伸びる感じです。(距離1.5m、室内)


 この機種は既に生産終了ですが、手ごろなMFBつきのサブウーファという事で使っている方も多いと思います。この手は内蔵のフィルター特性が不明な点もあって、厳密には使い難い点もあるのですが、その辺は外付けフィルターを使うという手もあります。

 ROCKはローカットなのかMFBを増やしているのか不明ですが、いずれも最低域は15Hzとかなりのワイドレンジですね。20Hz以下は耐入力が落ちる場合も有るのでそれほど必要性は無い様に思うのですが、どうでしょう。
 MOVIEでは特殊リミッターが入っているようなのでレベルが上げられるのかもしれません。

 ローパスフィルターのfcを30Hzにすれば40Hzの山は綺麗になくなるのでメイン側に余裕があれば超低域SWとして面白いと思います。
 

小型2WaySP(その6)

画像
 SeasのW15Cy001とTymphanyのOT19NC00による2Wayのデータです。

 上の周波数特性は室内約1mでグレーは暗騒音、黒が合成、赤がウーファ、青がツィータです。クロスはFIRによるLR-24dB/octで補正ありです(補正はFIRに折込済み)Tap数各801fs96kHz。クロス周波数は2kHz狙いでしたが、実際は少し低めになっていますね。リングツィータは結構余裕がありますから大丈夫でしょう。
 ウーファの低域下限は35Hzという所でしょうか。室内なのでやはりうねりは残ります。

 その下がインパルス応答、左下はWavelet、右下はバスレフのインピーダンス特性です。測定器はomniMIC、DATSです。ウーファ(前面)とツィータ(振動板)のアライメントは物理距離で2.5cm差ぐらいで良さそうです。

 試聴はスピーカを内振りにして若干手前でクロスする感じで間隔は3mほど離しています。音像はこれで綺麗に後方に並びゆったりと広がります。

 低域はたっぷり目なので少し押さえて、高域も僅かに抑え気味に微調したところでいい感じになりました。サイズを感じさせないスケールの大きな表現で、かつ繊細な分解能もあります。ウーファのフローティングは余り上手くいっていないのが少し残念ですが、音質的には余りデメリットは出ていないようです。重量は@5.4kgなので、もう少し軽くしたいですね。

 18cmのW18EX001の2Wayもあるので聞き比べてみましょう。

小型2WaySP(その5)

画像
 もう大分以前に作った小型スピーカですが、きちんとした2Way化する前に製作が止まっていましたので今回何とか完成?させました。(下のグレーは別スタンドです)

 ユニットはSeasのEXCELシリーズ15cmウーファ(W15CY001)です。あわせるツィータ同じSeasだとどうも収まりも悪いので相変わらずTymphanyのOT19NC00を載せ2kHzクロスとしました。l

 基本的にはツィータを載せられる様にして、転がらないよう足をつけ調整しただけですが、ウーファ部はやはり密閉よりバスレフにしました。
 その分Fsは37Hzあたりとかなり低めにしています。容積も14Lほどと余裕があるのですが、フラットにするにはやはりバッフル補正が欠かせず結構フラットにするには低音をかなり補強しています。その分お陰で35Hzぐらいまでは自宅だといけそうです。

 諸特性は次回に。



 
 

ポート面積による周波数調整

画像
 スピーカのバスレフポートの共振周波数調整をポート長さではなく、中に棒などを入れて面積で調整してみました。

 パスレフの共振周波数の調整は中々面倒です。もちろん計算もするのですが、最終の細かい調整はやはり実機と聴感に頼るところが必要なので別途調整が必要です。

 その際ポートの長さ調整では切り詰めていくと戻せませんし、可能なら差し替え可能にして長さの違うポートを各種用意する必要がありますが、これはこれで結構大変です。

 そこでもうひとつの方法として以前どこかで紹介したと思うのですが、ポートの面積を変えて調整する方法があります。
 とはいっても直接変えるのは難しいので、ポート内部に棒などを入れ見かけ上の面積を変えていきます。
 ホート共振周波数はポートの面積の平方根に比例しますから、面積半分ぐらいまでにすれば3割ほど調整ができる事になります。
 メリットとして調整の変更が簡単に行えますし、元に戻す事も容易ですのでトーンコントロール並みにも使えます。

 バスレフの調整では良くポートに吸音材を詰めてダンプすることが行われますが、この場合は周波数は変わらないのでバスレフを殺す方向のみにしか使えません。
 バスレフがボンつくのは多分に共振周波数周波数が高すぎて、室内ではピークができてしまう場合が多いですから、バスレフを抑えればボンつきは確かになくなりますが、それで低域が伸びるわけではありません。

 そこで対策としてポートの共振を下げればピークレベルの調整と共に最低再生領域も下がりますので、ボンつきの防止と実際の再生レンジの拡大が望め一挙両得です。

 図ではインピーダンスグラフを載せていますが、各ポート面積に対して共振周波数(と思われるインピーダンスの谷周波数)は次のようになりました。

ポート面積    共振周波数
19.0平方cm  47.1Hz
15.5平方cm  43.7Hz
14.5平方cm  41.7Hz
12.0平方cm  39.1Hz
10.0平方cm  35.7Hz

このような感じで変化させながら、聴感や測定で低域特性を実地で決めるのが早くて便利かと思います。

DCU-F081PPポールスピーカ(その2)

画像
 一応ポールスピーカー完成しました。高さは80cmとして高域補正にリフレクターを載せています。

 PARCのDCU-F081PP(8cm)を過去の流用品の塩ビヘッドに付け、100φのボイド管(80cm)をはめ込んでいいます。共鳴管方式なので下端は開放にしていますが、流石に中ほどには吸音材を入れてダンプしています。


 周波数特性は真横80cmほどの位置から測ったものが赤線で、そのままではやはり高域がかなり減衰します。

 これではやはり少し音の切れが甘いので、右図の様にスピーカの上にアルミ角材を使った反射板を置いてみました。これでなるべく正面がフラットに近づくよう補正し、特性の黒線のようなところで落ち着きました。これだけでも結構効果がありますね。

 流石重低音は望めませんが、特に補正無しでも全体にかなりフラットで、低域にかけてゆっくりとにブーストしているので特に補正せずとも結構厚みのある音がしています。

 試聴してみても全体的に素直な感触で結構このままで使えそうです。中低音もしっかりしているのでスケールの大きな音も崩れず、背面も開放なので抑圧感がありません。ボイド管が適度に鳴るのも音の厚みに貢献しているのかも。まあまあの出来ですね。

DCU-F081PPポールスピーカ

画像
 PARCのユニットが遊んでいたので何時ものボイド管につけてポールスピーカを作ってみました。

 ユニット取り付け部分は昔のツィータボックスを流用、本体の100φボイド管とはちょうど良い感じではまります。ボイド管の方の長さは80cmと1mの2本があったので比較してみました。底は開放です。

 勿論長いほうが共振周波数が下がり低域は伸びるのですが、流石に1mは少しユニットの位置が高いせいか聞き比べた感じでは80cmの方がバランスが良さそうです。

 ボイド管の中央付近には吸音材を差し込んであります。やはりこれが無いとボーボーと共鳴音がして周波数特性もうねりが残りますが、吸音材を入れるとかなりフラットになります。

 測定では高域はやはりだら下がりですが、まあ室内だとそのままでも結構聞けますが、やはりちょっと補正した方が良さそう。

 非常にシンプルなエンクロージャですが、ユニットがよいのかなかなか聞ける音がしています。良さそうだったらお化粧して端子を付けてみましょう。

PCによる周波数特性測定

画像
 標準のオーディオインターフェースで簡易的に外部機器の周波数特性を測定してみようとefuさんのWaveGeneratorとWaveSpectraを使って試してみました。

 測定用にはIN/OUTの端子が必要で、ハードの特性もできればフラットが望ましいです。最近は標準のインターフェースでもオーディオ帯域はフラットで問題が無いと思いますがそこは個別に確認してください。
 あとマイク端子は感度がかなり高い(数十mVで飽和)ので20~50kΩ程度の抵抗を直列に入れて感度を落としてください。


 WaveSpectraは文字通りスペクトルが測れるのでホワイトノイズを測定すれば周波数特性が測れるはずですが、なぜか低域が数dB下がってフラットにはならないのと、レベルが低いのでS/Nが悪い点が気になります。

 そこでもう一つの方法としてWGの周波数スィープを使う方法があります。ステップスィープですが、設定の仕方で図の様に上手く測定できます。

 WGの設定は録音再生のドライバーを確認した上で

 スィープ長 50秒(30~50秒ぐらい) サンプリング周波数 192kHz(できるだけ高く)

 Wave1 波形         サイン波 
      周波数        20000Hz(スタート周波数)
      振幅          0dB     v スィープ
      変調度         0%         変調
      出力チャネル    L+R      ゲート: 0 0

 Wave2 波形         サイン波
      周波数        50Hz(エンド周波数)
      振幅         -26dB(出力の変更はWave1と差分を保つ)
      変調度        0%
      出力チャネル    OFF

 WSの設定

 Spectraタブ  縦軸 dB  レンジ:  40~80dBぐらい
                 シフト:   14dB(で1V-0dB)等適宜
 FFTタプ    サンプルデータ数   16384
          窓関数          なし(矩形)
 録音再生タブ フォーマット(サンプリング周波数) なるべく高く


とします。

 これでWSをスタートしてから、WGもスタートすると直結なら図の様にスルーの特性が取れます。
あとはIN/OUTの間に測定対象を入れ、ゲインを調整すれば対象の周波数特性が測れます。

 サンプリング周波数が高ければ20kHz以上も測定可能ですし、もっと低い周波数も工夫すれば可能ですね。



  

nanoSHARCが4chに

画像 miniDSP社のnanoSHARCkitのファームが更新されて4ch対応になりましたね(grigriさん情報有難う)。従来からハードスペックは4chステレオ対応だったのですが、ソフトが2chしか対応していなかったので私は使いませんでした。

 ソフトも4ch対応となるとminiSHARCと比べてもUSBも付いて安価で魅力的なキットとなり面白そうです。

 搭載のDSPチップもminiSHARCよりは高性能らしいのですが、4chバージョンは残念ながらFIRタップ数は同じで機能的にはminiSHARCとそう変わりません。
 クロックのスレーブモードもありませんしI2S入力はSRCが必要ですが、まあそこまで使い倒すのでなければUSBで直接つなげられるのでとても便利そうです。もう少し早ければ最初の1台はこちらの方が良かったかな。
 電源のACアダプタが別なのもいいです。

ES9018K2M DAC

画像

 久しぶりですが、ようやく涼しくなったので以前に入手したES9018K2MのDACですが、再度amaneroと組み合わせてUSB-DACにしてみました。

 ついでに少し回路を調べてみるとDVDDがデータシートによると3.3Vの所がなぜか5V供給となっています。まあこれでも一応動いていましたから良いのかも知れませんが、やはり気になるので3.3Vに変更しました。ついでにノイズフィルターを入れて対策しておきました。

 以前より出力が下がったはずなのにもかかわらず、これで0dBで2V強で正常のようですから、ますます不思議です。まあ電源電圧が下がり発熱も抑えられ、ノイズも少なくなるでしょうから、これで行くことにします。

 手元に丁度小型で手軽なUSBーDACがなかったところなので、上手く活用できそうです。音の方もまあまあかな。

mini対向2Wayスピーカ

画像
 何とか軽量で、まあまともに聞けるスピーカをという事で、以前の対向ウーファとツィータとを組合せ2Wayにしてみました。

 ウーファはTymphanyのNE123W-08を対向で、12cmなので結構中高域まで伸びていて、当初から2Wayでも使えそうと思っていましたが、そこは高品質を狙って従来はミッドを入れていましたが、今回はそこは目をつぶって軽量化を優先させます。
 ツィータはこれもTymphanyのOT19NC00-04で小型安価ながら高性能・高音質なツィータです。

 重量はウーファ(エンクロージャy込み)で1.91kg、ツィータは0.1kg、スタンドが0.11kgで合計2.12kgとなりました。低域はセッティングや測定条件でかなり変わるのでまだ実際は出るかと思います。、miniSHARKでのマルチアンプで音出ししています。

 中域は少し渋めですが、いやみも無く清澄な音を聞かせてくれるスピーカでサイズに似合わず本格的な音を聞かせてくれます。まあ2kgそこそこでここまで出れば何とか汎用で使えそうです。

FIRフィルター(その9)

画像
 最近は色々FIRとIIRの違いを聞いたりしていますが一応スピーカの合成波形も録ってみました。前回と同様上からFIR矩形波、IIR矩形波、FIR三角波、IIR三角波でomniの波形観測データからです。

 スピーカはmini対向3Wayの
 Low-Tymphany NE123W-08 twin
 Mid-TnagBand W2-852SH twin
 High-PARC DCU-T114S twin

 を使用、周波数は1kHzです。

 矩形波では流石にあまり綺麗に出ませんが、やはりFIRだとそれらしくなりますね。三角波はかなり良い再現性ですが、Twが余り高域が伸びていないせいか、少し丸まって正弦波に近くなってしまっています。

 まあそれでも結構IIRでも波形再現ができるようで、三角波だと500Hzだと両方ともかなりバッチリ綺麗に出るので、余り比較にならないくらいです。

 思った以上にFIRとIIRの差は微妙ですね。

FIRフィルター(その8)

画像
 FIRフィルターの特徴は位相直線が可能なことですが、その特徴をクロスの合成波形から見てみました。上からFIRの矩形波、IIRの矩形波、FIRの三角波、IIRの三角波で周波数は1kHz,サンプリングは96kHz、フィルターはそれぞれLR-48dB/octです。

 果たして波形再現が必要かどうかは置いておいても、FIRの合成波形が綺麗なことは非常にスッキリしますね。FIRの特徴の一つは位相歪が無いことと言われても私などはピンとは来ないのですが、このように単純にデバイダで分離後波形を再合成して見るとその差が良く分かります。

 合成再生音を聞いてもそれほどの差とは思いませんが、波形を見ると一目瞭然とはこのことで、なるほどと納得します。勿論スルーの時はどちらもFIRの波形とまったく同じになります。

使用機器  発振器 WaveGenerator(efu) 1kHz -6dB  96kHzfs
        デバイダ miniSHARC 801Tap(FIR) LR-48dB/oct  96kHzfs

omniMICでの位相測定

画像
 omniMICでの位相特性の測定は今までちょっと怪しいところがありましたが、最新のV5.04で「Add LIVE curve」という新しいメニュー項目が出来て位相の取り込みも上手くいきそうです。

 FIRフィルターを初め、ネットワーク設計などでもスピーカのシミュレーション用にユニットの音圧-位相データを取るのは必須になってきました。スピーカ測定で使い慣れているomniMICでもそのメニューあるのですが、取り込んだデータがキャプチャーし、表示された位相データとは少し異なっています。
 表示されたデータは正しそうですから、どうも取り込みが怪しい様に思えます。そんなところで今一つomniの位相特性データには信頼性に欠けているように思っていました。

 ところがomniの測定ファームもまたまたバージョンアップされてV5.04になっていました。V5.04にアップして内容を確認してみるとメニュー項目の「AddedCurves」に先ほどの新しいプルダウン項目が増えています(V5.03にはありませんでした)。

 この機能は測定結果を即ファイル化して取り込み、同時にグラフにそのまま表示するものです。そして位相カーブも表示されたそのまま取り込めますので確かそうなデータもしっかり残るところが便利です。まあファイル名は固定のようですが、書き直せば済むでしょう。

 これで位相データを含めて測定データを上手く生かせそうです。

 ちなみに位相を含めた測定方法は右下の「show Phase」チェックボックスにチェックを入れ測定開始します。位相は平均値化が出来ないので結果を見てそのまま左上の停止ボタンを押し、AddCurves>Add LIVE curveで取り込みます。(最初はSaveするフォルダーを聞いてきますが、後は自動的にそこへ書き加わります)
 Add LIVE curveは自動的にファイルネームNo.がインクリメントしてくれますが、適当に名前を変えておいた方が分かり易いでしょう。