RasPi4B対応Symphonic-MPD(その6)

smpd4-3.jpg
 ようやくSymphonic-MPD(SMPD)の4B対応がベータ版から正式版(現在1.01)となりました。

 UPnPはまだそのままでは未対応のようですが、これもその内実現しそうです。最近のSMPDはWebUIからIPaddressとNASの設定さえ行えば簡単に移行できるので(とはいえこれも慣れないと戸惑う点もありますが)楽になりました。

 トランスポートの音の違いは大きくもあり小さくもあり、それぞれのシステム上の捉え方次第ですが、音の追求を楽しむという面から言えばラズパイのようなプラットフォームは安価で高性能、ヴァリエィションも豊かで昨今の暇潰しには最適かもしれません。結果音質も向上すればいうことはありません。

 正式版になっても音質は更にチューンが進んできたようで、寧ろすっきりとしすぎではないかと思えるくらいなので全体のバランスから言えば悩ましいところもありますね。この辺は終着駅は無いので更なる発展を期待しましょう。

"RasPi4B対応Symphonic-MPD(その6)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント