SATRI-ampのBTL化

NewSATRI-7.jpg
 マルチアンプのディスクリート化の一環で高域アンプにSATRI-ampを復活させようと思いますが、そのままでは15W/ch程度とパワーが少し足りません。構成としてはこの1筐体で4ch(ステレオ2ch)アンプなのでBTLにすればパワーアップが望めますし、音的にも良い感じかと。

 当初は外付けで反転アンプを付けてBTL仕様にしていましたが、中々良さそうなので反転アンプを内蔵し、BTL専用機(ステレオ)として復活させることにしました。
 まあ外見上は何も変わりませんが、余計なオプションが無くなってレイアウトがスッキリします。これで40Wx2(8Ω)ほどのアンプになり、中低域を前回のTAS3255に任せれば電源分離のマルチアンプ系でも全体がスッキリしそうです。

"SATRI-ampのBTL化" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント