バッテリー駆動アンプ

画像
 ボータプル用にアンプ系をバッテリー駆動にして試しています。

 パワーアンプ(写真中下)は先のニッカド電池32本セット(アンプ側が正負電源と思っていましたが、単電源だったので約20Vに変更、16本づつ並列接続にしています。写真右)を使用、ついでにUSBDAC(写真中白箱)も20V対応としてこの電源を流用しました。
 LOGATT(写真中黒)は既に単3電池内蔵の自動切換えに改造済みなので心配なし、アナログチャンデバ(写真左)も006Px2の電池駆動に切替できるように変更しました。
 プレーヤはAstell&KernのAK-100(写真中上)の光接続で勿論こちらはバッテリー駆動なのでこれでソース・アンプ系は全部バッテリー動作で動くようになりました。

 やはり何と言ってもバッテリーはAC電源系から切れるのでノイズ的には良い面があり、やはりスッキリ緻密な音になります。バッテリーというと瞬発力の弱さを考えますが、聞いた感じではそれほど心配する必要は無さそうです。
 ニッカドでも結構内部抵抗は低く、等価的には0.2Ωぐらいにはなりそう。下手にショートするとケーブルが燃えます。まあバッテリーは内部抵抗が低いのである意味怖い点もありますね。ヒューズで保護したほうが良いかな。

 まあパラになったこともあり1600mAH相当の電池なのでマルチアンプ2台でバンバン音出ししても1時間以上持ちます。臨時と思いましたが結構実用になりそうですね。急速?充電で6~800mAぐらい流してもたいした発熱はしないので2,3時間で終わります。まあ怖いので充電中は常時見守りは必要ですが。

"バッテリー駆動アンプ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント