DCU-F101G対向SP(その1)

画像
 次回のPARC鑑賞会用スピーカが入手できたので、少しづつエンクロージャの製作を始めています。

 何時ものようにボイド管を使用する予定なのでボイド管の上端にユニットを対向に固定するヘッド部の板切り出しをしました。ここがトリマーなどで段差をつけたりするので一番面倒です。粉塵の出る加工はガレージなので寒くならない内に済ましておきたかった所です。このところは風が強くないので日差しのある内はそれほど寒くは無く助かります。

 ヘッド部が出来てきたので大方の構想はこれで行けそうです。後はこれにあわせたボイド管の加工ですかね。まあ不得意な化粧仕上げもありますが。

 これにあわせるツィータ部はまだどうするかはっきりは決まっていません。こちらも新作の予定ですが従来のPARCで済ませてしまうかも。まだ時間は充分ありますからゆっくりできますね。

"DCU-F101G対向SP(その1)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント