手作りアンプの会冬お寺大会参加

画像
 毎年年末恒例の手作りアンプの会お寺大会が開催され参加してきました。

 今年の課題は「無帰還半導体アンプ」で私はオーソドックスに会のプロジェクトアンプを出品しました。今回は半導体アンプにかかわらず20点近くの出品があり、発表時間も短縮されるほど大盛況でした。

 内容も会のプロジェクト基板を使ったアンプを始め、実にユニークなLED発光アンプやシングルアンプの数々、それにトラ技にも載ったタイプの高度な回路技術を駆使したアンプなど、従来製品にとらわれないアイデアで作成されたアンプのオンパレードで当会にふさわしいが発表会となり充実した大会でした。

 それともう一つ恒例?ともなった生演奏では今回はプロのヴァイオリニストである迫田圭氏を迎え、BACHから現代曲まで直近で生のソロを堪能するという企画です。
 現代曲の演奏を中心に活躍されているとのことで、その鮮やかなテクニックでパガニーニのカプリースや無伴奏ソナタ2番などをじっくり聴くことができました。

 いずれも難曲揃いでしたが気迫のある顔前の演奏はその奏法の多彩さも含めて、ヴァイオリンでの表現をここまで引き出すかと感嘆しますね。

 今年もこれで終わりですが、来年もまたオーディオにがんばりましょう。

"手作りアンプの会冬お寺大会参加" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント