HS-500(その5)

画像

 前回ネットワーク部品の値がおかしかったので、反対側を測定してみました。

 ツィータ側のコイルの値はやはり違っていて、今回は0.32mHでした。(反対側は0.16mH、ウーファ側はほぼ同じ)多分この値が正しく、前回のはコイルのレアショートか測定ミスでしょう。

 ただこれでもまだクロスは少し高めで、シミュレーションでは5kHzぐらいです。そこで私家版はコンデサ値を変更して本来の3kHzクロスになるように、2.2μFを3.3μFに、また低域も6.8μFを4.7μFにしました。

 これでシミュレーション上は大体あってくると思いますが、詳細は実機で測定ですね。

 日立にしては設計が?ですが、インピーダンス補正を使わず公称クロスの3kHzから実質は少し上げ、4~5kHzクロスにしてそのあたりのレベルを下げていたのかも。確かにその方が高域はきつく無く、聞きやすいことは確かです。

"HS-500(その5)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント