ソーラーバッティリー(その3)

画像

 ようやく6灯と4灯の比較をしてみましたが、どうも4灯の方が良さそうです。取り出せる電力は4灯で2.7W(500mA程度)6灯で2.5W(450mA程度)でした。(上下CDミラー付き)

 上下のミラー(でもなくても大丈夫そうです)が全く無いと2割以上出力が落ちます。この辺良く解かりませんが迷光対策をすればまだ改良の余地が有るかもしれません。後かなりパネルの温度が上がっているので、これも出力電力UPには対策する必要があるかな。


 取りあえずここまでSDメモリプレーヤのトラボとDACをソーラにしてみましたが、ACトランス電源と比較してかなり音の違いははっきりしてきました。

 メモリープレーヤでもその差は大きかったように思いますが、やはり?DACの方がソーラー電源の効き方が大きいようです。

 すっきりと立ち上がりが良く、パワフルな感じです。聴感的にS/Nが良くなりさわやかな音は、良くできたホーンスピーカの様な感じですね。
 4灯の試作品を聞いたM氏はソーラーの音に感激して早速マルチソーラ電源を作ったようです。これを聞くと戻れないかも。

 更にドランスではDSD変換がちょっと不安定ですが、ソーラの方が安定して動作します。この辺はノイズの問題でアイソレーションが効いているのでしょう。

 DAC部分をもう少し省エネにすれば使える感じですが、流石に夏場は暑くてちょっと苦しいです。節電にもなりませんし(^^;。

"ソーラーバッティリー(その3)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント