7233 8パラの特性

画像
 ようやく涼しくなってOTLアンプに火を入れる気になってきましたので、まだ詳細の測定をしていなかった7233 8パラOTLアンプの特性測定をしてみました。

 主に測定したのは調波歪率ですが、出力にほぼ比例する感じです。流石に低出力ではノイズを別にしているのでぐんぐん下がります。(WaveSpectra,WaveGene,RME Multiface使用)

 出力管はまったくの無選別ですが、自己バイアスのためそれほどひどくはなっていないようです。

 スペアナの表示を見るとハムはまだかなり残っていますが、まあまあでしょう。歪みは2,3次が中心で4次以上はかなり小さくなっていて高次の物はあまりみられません。

 最大出力はクリップで12.5W程度でした。電源電圧を上げればもう少しいくでしょう。流石に10kHzの矩形はまったくリンギングも無くきれいなものでした。


 周波数特性  10~200kHz(-3dB)
 ノイズ      L 0.6mV  R 0.7mV
 最大出力    12.5W(クリップ、負荷抵抗8Ω)
 歪率       約0.1%(1W) 1%(10W)
 DF        約6.0
 クロストーク   50kHz以下 -90dB以下

"7233 8パラの特性" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント