スピーカユニット聞き比べ

画像
 大森のBAR「SPOZZERIA」で大口径ウーファの比較試聴がありました。

 当日はM氏がウーファユニットを色々持ち込んでいただき色々と比較するという珍しい機会でした。試聴したユニッはJBLの46cm2246、38cmのLE15A,2226、ALTECの515Bなどで、上はALTEC511Bホーンに1inchドライバーの2Wayをメインにして、ベリンガーのマルチで行ないました。基本的にクロスは800Hzあたり、位相は正相でアライメントを取り、各組み合わせごとにEQでなるべく周波数特性はフラットになるようOmniMICを使って補正しています。

 同じような条件ながらやはり各ユニットでかなり違いが有りそれぞれの個性が聞けて面白かったです。
46cmは流石に低域にも余裕があり良かったのですが、此処まで必要かなという感じです。Altecは調整の問題か中高域が少しうるさい感じで落ち着きません。LE15Aは低域が深々と落ち着いて夜の落ち着いたムードにはぴったり?かな。2226はもう少し軽く静かで現代的なオールマイティな感じですね。
 515Bホーンが割りと明るめな音なので、このシステムには2226が合っているような印象です。まあ条件が異なれば又ベストは変わってくるでしょうが、やはり聞いてみなければ解りませんね。

 ともかくこのクラスだと余裕のある音がしてゆったり聞ける点は流石です。この後SPOZZERIAでもこれを参考にウーファの変更を行なう予定だそうでその時が楽しみです。


"スピーカユニット聞き比べ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント