Circlotronノイズキャンセラー

画像
 以前に作ったCirclotronですが、通常の使用状態では問題ないのですが、電源起動時にバズ音が出るのが玉に瑕でした。そこでこれのキャンセラーをつけることにしました。

 回路は自己バイアイスなのでその電圧を利用します。カソード電圧はほぼ9V前後で、12Vのリレーが実質の動作開始電圧が7.5V程度なのを利用して、カソード抵抗にリレーをパラに入れます。勿論その時その部分のカソード抵抗はリレーとの合成抵抗で同じような値に変更します。
 今回はカソード抵抗の元が270Ωでリレーが920Ωだったので、カソード抵抗は390Ωに変更しました。

 バズ音が出るのは丁度球が温まるまでなのでリレーのブレイク接点をスピーカ端子につないで、温まるまでスピーカ端子をショートします。そうすると起動時に丁度ミュートが係り、いい具合にノイズキャンセルになりました。

 写真では解りにくいですが、汎用基板の裏側に12Vのリレーがついていて、リレーのコイルはカソードに繋がっています。これでうまくミュートが掛かります。

 まあ音質的には何の進展も無いのですが、安心して音出しができるようになりました。

"Circlotronノイズキャンセラー" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント