ルビジュームクロックCDプレーヤ

画像
 ルビジュームクロックも大体完成してきたが本来のワードシンクに使う以外にスーパークロックの256fsも出力してあるのでこれを直接CDプレーヤのクロックに入替えて、ルビジュームクロックCDプレーヤ!の出来上がり。

 元のSCD-XE6も既に電源とクロックを改造してあり、それなりに良くなってきたと思っているが、ここでも折角のルビジュームを試してみることにする。CDプレーヤなので外部シンクは無いから元もとのクロックをそのままルビジュームの256fs(11.2896MHz)に置き換えスーパークロックを突っ込んでしまう。本来はこの程度の周波数になるとちゃんと50Ω送りで終端ターミネイトしたほうが波形は綺麗になる。以前のOCXOの改造がされているので後面にBNCを付けて切換とした。

 まあ何とか動作はしているようで、肝心の音を聞いてみると前回のワードシンクの時と替えた時の印象は良く似ている。ルビジュームはまあ素っ気無いくらいに静かだが芯はしっかりして余計な音が出ない。OCXOは比較すると音色は豊かだが全体に甘い感じで音楽に訴求力が足りないような気がする。変なたとえだが白黒写真とカラー写真のような感じでカラーの方が本来の実写に近いはずだが、白黒の方がテーマの訴えかける力が強いといった感じか。それにしてもクロックでこれだけ変ると面白い。

"ルビジュームクロックCDプレーヤ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント