New3Way(その2)

R3Waycomb.jpg
 前回紹介したSeasとの新しい組合せで色々調整してみた結果がこちら。3mほど離れたリスニングポイントでスピーカ間隔は2.3m、時間窓は室内残響を取り込むために長め(250ms)の設定で測定。スムージングは1/6hoctと少し細か目。

 聴感では音質はやはり全体にすっきりとクリアな感じで、サブスピーカセットとしてSeasの2Wayの素質を引きついでいます。帯域、音像とも元の2Wayをワイドレンジに拡大していて、大体当初の狙い通りのようになりました。

 まあ音質的にはまだチョッとすっきりし過ぎの所もありますが、ATCとはまた違った面が出てこれはこれで面白いかと。ATCのセットとはSPコネクタ切替とチャンデバセットの変更で割りと簡単に切替できます。


 測定は参考値でそれですべての音質を語れる訳ではないのですが、健康診断と同じで悪くては健全な結果は望めません。というより此処をしっかり追い込んでおかないとこの後の聴感による微調が思わぬ隘路に陥り、余計な回り道にもなりかねません。むしろ此処をしっかり押さえておくと後が楽になりますね。
 マルチアンプシステムの調整手順としては私は
1.ユニット間の位相確認(最終極性は遮断特性による)
2.ユニット単品の特性確認とEQ補正によるフラット化
3.クロス周波数と遮断特性の決定
4.ディレイタイミングの調整
5.左右の整合、及び各chの総合周波数特性の補正 
のような感じで進めています

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント