Symphonic-mpdを試す(その13)

smpd5.jpg
 SMPDの初号機もクロックの電源を別にしてみました。2号機がクロックの電源を換えてかなり音調が変わったので、全体的に好ましかった初号機もクロック電源を別に比較切替できる様にして追加しました。

 追加したクロック電源はトロイダルの7.9Vをショットキーブリッジで整流、普通の5V3端子レギュレータで定電圧化、何時もの5穴フェライトとファインメットビーズを正負それぞれ直列に噛ませて供給しています。

 元々初号機はデジタル部とアナログ(DAC)部が別電源でクロックはそのアナログ部より専用レギュレータで供給されています。なので本来は別電源は不要なはずなのですがそこがやってみないと判らないオーディオの面白いところですね。
 ですのでこれで初号機はトータルでは3電源になります。

クロックの電源を換えるまえまでは割とマッタリ系で豊かな音を聞かせていましたが、専用電源にすると非常に解像度の高い、澄んだ音になる様です。低域が締まる分バランスは高域よりになる感じで、どちらが良いかは結構好みがでるかもしれないですね。