symphonic-mpdを試す(その5)

digipulspro.jpg
 動作検証中に壊してしまったかと早とちりして追加購入してしまったラズパイが余っていて、もったいないので予備機として活用しようと思いました。ただしメインで使っているオプション基板のRASDACは生憎1枚しか持っていません。そこで同様のHifiberry digi+proを入手しました。

 ここはdigi+proではなく、RASDACと同等のHifiberryDAC+proを購入しても良いのですが、いまさらDACは不要だし丁度現行にはSPIF出力が無いのでその代わりでdigi+proを購入することにします。こちらもDAC+proと同様にオプション基板上のクロックをベースに出力するというマスターモードになっているからです。やはり普通のラズパイとはジッターの基本の所が違というものなので、マスターモードは必須です。

 またこの基板は格安の並行輸入品ですませられそうなので改造目的にも面白そうです。

 早速届いた基板と3Bを組み合わせてまずは動作確認しました。相変らず紆余曲折中々素直に行きませんでしたが、何とか音出しまでいき購入品の動作確認が出来ました。やれやれ。

 まあ、面白いのはこれからですが、まずは表のLEDが眩し過ぎます。1mAぐらい流れているのですが、最近のLEDは高効率なので0.1mA以下でも良いくらいです。後で調整しておきましょう。

 ラズパイは電源供給と冷却は注意したほうが良さそうなのでこの辺を抑えながら、どうノイズ対策をしていくか検討を始めます。づづく。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント