FreeDSP SMD A/Bボードプロジェクト(その3)

画像
 FreeDSPボードですが、内部スルーでAD、DA含みの総合特性を測定してみました。アナログ入出力なので上はチョッと調波歪みが多いですが、今回の測定系ノイズです。

 下がその測定系の間にFreeDSPボードを通したときのノイズで、中域に若干細かいノイズが付加されフロアは6dBほど上がっていますが思ったより少ないですね。調波歪みもほとんど増えていませんからこちらも問題ないと思います。
 中級ADDAのようだったのですが、結構まともそうです。

 周波数特性もほとんど10Hzから20kHz(fs48kHz)で0.1dB以内ぐらいに収まっています。若干コンデンサ部品等は当初のものから少し変更していますが、素でも特性上は余り変わらないでしょう。試聴が楽しみです。

 なおこれで当面はアナログで作っていた200Hzクロスのチャンデバの代わりをさせよう思っています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック