スーパーステレオの復活?

画像
 スーパーステレオというのは昔Dynavectorで発売されていたアンビエントch創生によるサラウンドシステムなんですが、この手は時々やってみたくなるのでいくつか持っています。

 このスーパースレテオもそれなりの技術的な目論見がある様で、効能はそれらしく説明されていますが、私には内容的には理解不能です。まあこういうのは聞いてナンボ良ければ使えばよいし、駄目なら外せばよいだけです。

 ということで今回はSSadpというアダプタを通して、アンビエントに小型のシングルスピーカをドライブさせてみます。ポジションは仮にということでユニットを上向きにしてリスポジの左右隅に置いてみました。

 ポイントはメインの3Wayの各ユニットを同相にするべきだろうというところです。スーバーステレオの場合には位相をグルグル回している様ので余り関係ないかもしれませんが、この辺が昔やったレベルでは今一つだった原因の様に思いましたがどうでしょう。


 新ためて色々聞いてみるとレイアウトの良さもあるのか結構バランスは悪くありません。アンビエントスピーカも気になるような変な定位は感じられないので、良い感じに前方メインの奥行きと広がりが拡張されるようです。

 これなら本格的にアンビエントスピーカを設置してみてもいいかな。少し考えてみましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック