ES9038Q2MDAC(その2)

画像
 DACのノイズ特性を取っていた時に気が付いたのですが、USBDDC(USBからI2S信号を取り出す回路)のAMANROとDIYINHKのバックグラウンドノイズがかなり違います。

 解り易く無信号時のアナログ出力をFF400でA/Dし、そのスペクトルを比較した図をあげて起きます。(efuさんのWaveGeratorとWaveSpectraを使用)。

 上がDIYINHK、下がAMANEROのDDCにDACをつけたときの無心号時出力になり、AMANEROは中域から低域にかけてノイズが30dBも上昇しています。最初信号出力を見たときDAC基板の違いかと思っていたのですが、どうもDDCの違いが加算され出力されていた様です。

 ただしDIYIINHKのDDCはアイソレータが入っていて、それ以外にも経路が若干ちがうのでその辺の違いが出たのかも知れずもう少し調べてみようと思っています。それでも随分違うものですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック