大創スピーカ(その5)

画像
 大創USBスピーカの問題点はやはり低音ですので、先日作ったDaytonのND140ウーファを付けて2Way化してみました。グラフは室内のなのであまり精度が出ませんが、低音はしっかりカバーできているようです。(赤線-ウーファ、青線-大創、黒線-総合、灰色-暗騒音、距離約1m)

 テストではチャンデバを用い100Hzクロス(LR-12dB/oct)で軽く繫いでみます。良ければポータブル用にOPampで組める程度の次数にしています。
 実質はクロス150Hzぐらいになっていますが低域が加わるとやはり音がしっかりしますね。ウーファはシングルの3Dサブウーファでもいけそうなので、状況に応じて色々なタイプが取れそうです。

 中低域が共鳴管なのであまり定位は良くありませんが、鳴りっぷりはこんな軽量ユニットとは思えない押し出しで、これも面白いですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック