大創のUSBスピーカ(その2)

画像
 箱を開けて特性を測ってみました。磁石が弱いせいかQは高めですが、むしろ低域を上手くカバーするのに使えるかもしれません。現状だと300Hzぐらいに山があり、低域はまったく望めませんが、2リットルぐらいの箱に入れるとレンジも広がり良さそうです。

 諸特性は4個平均で

 Re 3.8Ω fo 170Hz Qts 1.6 Ms 0.73g Vas 0.22L

 です。結構ばらつきはあり、作りは悪くないのですがやはり値段どおりかも。振動板が軽いところは良さそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック