FIRフィルター(その1)

画像
 デジチャンのminiSHARCでFIRフィルター(チャンデバ)を作ってみました。

 miniDSP製品の特徴は通常のデバイダ&イコラザ機能でもFIRフィルターが使えたり、スピーカに合わせたカスタマイズしたフィルターを組み込めることができるのが特徴です。

 そこで自宅のminiSHARCでもFIRフィルターが出来ないかといじってみましたが、何とか3Wayのチャンデバが動いているようです。(まだゲインしか確認していませんが)

 元々miniSHARCはDSPが小さいので余りタップ数の余裕がありません。ですので低周波での特性は期待できないので3Way、それも低域側では苦しいかなと思いましたが、Linear-Phaseで

  低域 400Hz LR-24dB
  中域 400Hz LR-18dB
      2.5kHz LR-24dB
  高域 2.5kHz LR-12dB

 程度のフィルターが組めました。ただし低域のリジェクションは精々45dBほどと余り良くありませんが、これはタップ数が取れないのでしょうがないですね。

 miniSHARCでは4ch分でも総タップ数では3400ほどしかありませんので、この割り振りが難しいところです。中高域での2Wayなら大分理想的に組めそうですが、3Wayだとかなり怪しいかな。

 パラメータ設定はrePhaseというFreeソフトを使用しました。情報が少ないので使い方があっているかはまだまだ研究が必要ですが、一応それらしい動作はしているようです。

 未だ動き始めたばかりなので検証を進めながら色々試してみたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック