第2miniSHARC(その4)リニア電源化

画像
 第2デジチャンは音出し優先で電源はDCアダプタでしたので、やはりトランス式リニア電源に変更しました。

 今回はパワーを食うルビクロックがあるので、少しは電源もしっかりしたものにしないといけません。トランスは手持ちのU字コアを使用、ルビの16V2Aとロジック系の5V1Aとを2系統で整流し、安定化します。

 後々同じケースに4chDACも入れたかったので場所が狭く、回路系はトランス上に2階建てで入れ込みました。少しごちゃごちゃしましたが、外付けのアダプタがなくなるだけでもスッキリします。

 ケースは再利用なので余計な穴だらけですが、バックパネルも付けられるようにしてようやくそれらしくなってきました。

 音の方もちょっと聞いてみましたが、低域がしっかりして伸びてきました。電源系に少しノイズ対策を強化したのでその効果が出てきたのかもしれません。バックパネルも付いたのでケース剛性も上がりましたし。

 低域だけでなく高域もスッキリしてきたので全体バランスを再調整する必要がありますね。

 まあ結果オーライで安心しました。後はDAC内蔵かな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

関澤@池袋
2018年07月25日 18:08
 ルビは恒温槽が有るので、消費電力が大変そうですね。
 スーパークロックで刻むminiSharkの音を聴きたいです。
ケン
2018年07月25日 19:45
 その後もう少しじっくり聞いてみると細かい音まで出るようになって更にきつさが少なくなりました。VRがどんどん上げられるような感じです。
 またお呼びしますのでお待ちください。

この記事へのトラックバック