foobarによるDualPC再生(その3)

画像
 foobarのcontrol画面はシンプルすぎてちょっと物足りません。何とかカバーアートが表示できないかということでUI-columsコンポーネンツをインストールして無事表示が出来るようになりました。

 カスタムのskinは色々有るのですが、逆に皆懲りすぎて使い難いというか、使い方が分かりません。そこでシンプルにCaver Artのみを選んでみました。

 foobarをクリアインストールして次にfoo_ui_columns-0.5.1をインストールすると直後user interfaceを選択があり Columns UIを選ぶとCover Art付きの画面が選べます。

 まだちょっとCoverArtが上手く出ない場合もありますが、まあ以前よりは大分マシになり使えそうです。大枠の移動は出来るのですが、Tabのバランスは固定のようです。やはりカラフルなCover Artが見えると印象が大分違います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

ケン
2018年07月06日 09:20
 Tab幅は上段のTitle行で右クリック、Auto-sizing columnsのチェックを外すと調整できるようなりました。>grigriさん有難うございました。

この記事へのトラックバック