OmniMICの音圧レベル

画像
 OmniMICは絶対音圧レベルが直接測れるのがメリットの一つです。それはドライバの起動と共に録音レベルの設定値に33%と自動的に入るためで、校正データが入っていればこれでほぼ音圧表示は絶対レベルになるはずです。

 しかし、たまたま手持ちのノートPCで音圧の測定結果があまりに低かったので、騒音計の音圧レベルと比較したところかなり差がありました。ちょっと原因は不明ですが、他のPCでは問題ないのでこのPCがおかしい様です。

 ただしこの場合も録音レベルを校正すれば通常の音圧測定が出来ましたので、怪しい場合は確認した方が良さそうですね。まああまり絶対音圧レベルが必要なケースは少ないのですが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

grigri
2018年05月06日 23:03
 音圧94dBの入力に対して 出力1 V と定義して、絶対音圧を求めていると想像しますが、マイク内蔵のDAC出力が、Windowsのカーネル経由で、マイクロフォンの感度ボリュームと連動するのは、設計上、如何なものかと思います。
ケン
2018年05月07日 07:24
 そうですね、ASIOの様にカーネルを飛ばして動くドラバーならよかったんですが、まあ通常は問題なさそうです。
 私の場合はPCのどこかの設定がずれていたのではと思いますが、むしろ校正?できると考えれば便利だったかも。
 もし音圧表示がおかしい場合はチェックしてみた方が良いと思います。

この記事へのトラックバック