i-FLOATboad

画像
 ワイヤー吊り下げ方のi-FLOATの簡易版を作ってボードにしてみました。

 今回はローコスト簡易製作を考えL字アングルを曲げ、コの字にした金具を使いました。吊り下げ金具は単独では自立しないので使い勝手も考えボードに取り付けます。ボードが丸いのも余り端材のためで、厚みも4mmとペコペコですが、今回は耐荷重も小さいのでこれでも充分OKです。その分全体重力も軽くなりました。(@330g、28cmφx5cmh)

 効果は今までのと変わりません。スピーカなどはストレスフリーになり自然な力みの無い鳴り方になります。小型スピーカだけでなく、アンプなども使えると思いますのでちょっとした利用に便利かと。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック