miniSHARC(その2)

画像
 今年の1月に購入した基板ですが、ようやく暖かくなってケース加工もする気になったのでまとめてみました。

 まだI2S関連は未接続ですが、取りあえず専用ソフトを動かして使い勝手を調べています。まだあちこちで使い方が解らない点がありますが、まあ何とか動いているようです。

 このチャンデバは本体のみのスタンドアロンで使えることや、リモコンやVRがついているのでプリ代わりにも使えるところが面白いです。持ち歩きにも使えそうなので応用範囲は広いかと。

 音質的にはまだこれからですが、不満足なら改良点は見つかりそうなのでその辺も含めてこれからですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

grigri
2018年03月15日 18:51
i2S接続とDC5Vの単電源が良いですね。完成を楽しみにしています。
ケン
2018年03月15日 21:09
 I2Sも送信は楽なのでもう出来ていますが、受信はクロックの関係からSRCを挟まなければならない点ちょっと面倒です。

 電源はI氏設計の基板なので楽勝でした。音もまあまあのようです。三土会でお披露目できると思います。

この記事へのトラックバック