PCの消費電流測定

画像
 ノイズ対策のためにPCのフルリニア電源化が出来ないかと思い、マザーボードでの消費電流を測定してみました。測定は単純に電源延長ケーブルの間に50mΩ程度の微小抵抗を入れてその電圧から計算します。ですのでHDDや光ドライブ等は含みません。

 測定始めに実験用のPC-ASUS M4A78PRO(CPUはAMD AthlonIIx2 234e)を測ってみたところ平均では

 5V系    2.4A
 3.3V系  2.1A
 12V系   0.5A

 とそれほどでもありません。SW電源の容量を考えるとかなりの大電流を用意しなければならないかと思っていましたが通常の電源でも何とかなりそうな感じがします。

 実際はピーク対応などでこれを上回る電流容量が必要になると思いますので、やはりそこそこは要りますね。

 ただminiITXはこの測定系を入れると上手く起動しなかったのでまだ何かあるのかも。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

audio fun
2018年01月07日 06:06
PCもオールリニア電源で組めればより理想的ですね。

ノイズの面でも万全になって安心感も高まりますね。
ケン
2018年01月07日 07:34
 もう一息良くならないかと考えていますので、リニア化もやってみたいですね。
てつ
2018年01月08日 09:28
起動時に大電流が必要らしいです。
ケン
2018年01月08日 17:47
 てつさん、有難うございます。

 多分そんなところだろうとは思うのですが、中型の方が動いてminiが動かないのが不思議な所。色々調べてみます。
grigri
2018年01月11日 12:07
ATX電源の16番ピンををTTL Lowにして強制的にONとしてもNGでしょうか?、最低負荷電流に達してない可能性は如何ですか?

この記事へのトラックバック