DAC Link700Hz PC Buffer0.01sec

画像
 JPLAYのSettingパラメータで以前はDAC Link700Hzに若干不安定要素があったのでずっと350Hzで使用していました。その後この辺はほとんど見直していなかったのですが、別の話題のきっかけでもう一度700Hzを試してみましたが、今度は無事?安定動作しています。

 以前との違いはaudioPCがコアモードになって、controlPCがリモード接続をやめたぐらいですが、その辺が効いているのでしょうか。まあ結果オーライなので700Hzでも聞けることになりました。

 肝心の音はやはりそれなりに差があって700Hzは解像度は高いですが、その分低域は締まり少し高域よりで大人し目です。350Hzはボディ感があってのりが良く、音楽を楽しく聞けますね。メインは350Hz、サプは700Hzが合っているみたいです。

 ともかくDAC Link周波数とPC Buffer時間を700Hz0.01secにするのが高性能の証明?みたいな風調がありますが、やはり最後は全体とのバランスですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック