thirdPC?

画像
 現行はAudioPCとControlPCのDualPCでJPLAYを動かしていますが、もう一台のノートPCのリモートデスクトップでControlPC上のKazooを操作している。こちらは無線LANでの接続になっています。

 別の件でKazooとKinskyを比べてみようと思い立ち、まずノートPCにインストールしてみるとどうもそのまま動いて(つまり本体のコントロールができて)しまいました。

 あまりLANには詳しくはないのでこれでよいのか解りませんが、やはりそれぞれで音が違うように感じました。よく調べてみるとどうもコントロールソフトの場所より、KazooとKinskyのソフトの違いの方が差の方が大きかったようです。

 Kazooの方がクリアで高域がしっかりして音場感もあります。Kinsyは聞きやすいですがちょっと丸まる感じもありますね。最初はこの差を聞いていたようです。
 まあノートPC上の方が操作はしやすいので今後はこちらに切り替えようかと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

NAKK@狭山
2017年07月03日 19:28

当方でもKinskyとKazooの比較をしてみました。

当方は、MinimServerをproxy化したDualPC構成です。そし
てiPADにKinskyをインストールして聴いています。この
iPADにKazooをインストールして聴いてみましたところ
Kazooの方がオーディオ的に より一層良くチューンアップ
されているとの印象を持つ事が出来ました。

今後は、Kazooを標準に致します。どうもありがとう
ございました。
ゴンザエモン
2017年07月03日 20:07
こんばんは。

Control Point(Kinsky、Kazoo、upplayなど)はControl PC上のJPLAY Streamerと通信しますので、他のPCでも、タブレット端末でもどこで稼動していても基本問題ありません。ノートPCからの選曲、再生指示等の操作であれば、かえってリモートデスクトップ環境にはしない方がいいかと思います。

Control PointはプレイリストをJPLAY Streamerに渡す、というのが基本機能で、JPLAY Streamerがそのリストに基づき音源データをMedia Sermer(Minim Server)から読み込みます。従って、再生指示をしたら、止めてしまっても、通信を切っても全く差し支えないものです。

この観点から、ソフトウエアによる音の差がどのように起こりうるのか、ちょっと謎ではありますね。

ケン
2017年07月04日 08:49
NAKKさん
 KINSKYの方が操作感覚は良さそうなのですが、やはりKAZOOの方が音の印象は良かったですか。でもお陰でこちらも色々楽しめました。

ゴンザエモンさん
 なるほどそうですか。トラフィックは増えていないので音楽データはノートPCを経由しているわけでは無いようですね。
 ただKINSKYは操作でよく再生音が落ちる(止まる)のがちょっと気になります。まああまり使わないとは思いますが。

この記事へのトラックバック