抵抗切替ATT(その4)

画像
 抵抗切替ATTに外部ディスプレイが付きました。(とはいえディスプレイそのものはまだ借り物ですが、現在準備中です)

 S端子ケーブルを利用した外部ディスプレイは本体のコントロール基板からの配線と設定で簡単に付きます。やはりこちらの方が視認性は良いですね。外部ディスプレイにも付くIR受光部も問題無さそうです。

 今回用意した内部木製ケースの遮音はかなりのもので内蓋を完全に閉めていなくとも、リレー切替音はかすかに聞こえるレベルに落ちます。ただしV2からはケース一体になるので2重遮音は難しそうかな。でもそれほど気になるレベルでもないし、むしろ動いているという感じが私は好きです。

 一応特性も見てみましたが、当然のことながらほとんど問題ありません。0dBなら1MHzまでフラット、6個リレーがONになるー31.5dBでも1MHzでー2dB程度です。
 ノイズも0.2mV以下、クロストークも100kHzで75dB以上は取れています。

 リモコンはいくつかのタイプ(フォーマット)に対応していますが、テレビ用や音響用なら多分大丈夫かな。アップルリモコンもOKでした。ただし中にはIR光が少し弱いのもあり、ちょっと使い難いのもありますのでここは試してみるしかないですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

grigri
2017年06月22日 11:13
オーッ~ 出来ましたね。!

 電気的な特性は、完璧ですね。
 IR受信機を覆う紫のパネルがIR弱めている可能性が有りそうな気がします。
 赤外線送受信機の38kHz(950 nm)を通過させるには、紫は、赤に青が含まれるので、完全な赤のパネル方が良いような気がします。紫のパネルを外してみて如何でしょうか?、インバーター式蛍光灯の下でも干渉することがあります。
ケン
2017年06月22日 21:37
 パネルの影響は考えましたが外してもやはりダメです。

 自前のリモコンやアップルリモコンでも問題ないのでやはりリモコンの問題かと思います。
イワン
2017年06月22日 21:55
もしかして、電池が駄目かも?
予備のコントローラと、表示器を発送してます。
当方では、すこぶる調子が良かった機械ですので、
これでも駄目なら、リモコンが怪しいです。
リモコンも、本日もう一個入手できてます。
ケン
2017年06月23日 08:29
 ビンゴ!電池が消耗していました。

 てっきりおニューだと思っていたのでそこまで気が付きませんでした。すみません。
ゴンザエモン
2017年06月23日 11:50
こんにちは。

いよいよですね! 

ディスプレーも案外イケてる感じで期待も高まります。
また、アップルリモコンも使用可能な由。シンプルでおしゃれなものが使えるのはいいですね。
イワン
2017年06月24日 11:31
お送りしたリモコンの電池がへたってましたか、失礼しました。輸送中に、ボタンが押されていたのかも知れません。
あと、ソフトのバージョンアップしました。
リモコンは同じタイプ(NECか家電協会)であれば、2種類を同時に登録できます。
たとえば、普段使いはアップルリモコンで、
詳細にセッティングする場合は、設定用のリモコンでと
言う具合に使い分けできます。

この記事へのトラックバック