抵抗切替ATT

画像
 友人のI氏製作のリレー式抵抗切替のアッテネータ基板を入手しました。(写真は1ch分)

 重み付け抵抗ラダーの切替なので全段0.5dB刻みで128ステップと充分な分解能です。リレーにラッチタイプを用いたので摺動型のような即応性はありませんが、その分保持機能があるので機械VRと似通っていますね。視聴時電源を切るなどという荒業も可能です。

 学習タイプの赤外リモコンと8chまでのステレオマルチchやバランス対応、更にch、LRオフセット保持、プリセット(これも入る予定)もあり、機能的には充分すぎるくらいです。

 面白いのは本体コントローラ用にはLCD表示がありますが、オプションで外部にLEDレベル表示が付けられます。本体は影に置いて小さなレベル表示のみ見えるように出すといういうしゃれた構成も可能です。

 まあ後はケース加工をどうするかというのが一番の問題というか課題はそれだけしか残っていないかもしれません。
私の方は5.1chサラウンドにもうまく活用できないか構想を練っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

grigri
2017年05月07日 21:57
 とり合えず、ラダー抵抗未実装で通電ですか、早いですね。
 私は、外部表示装置の吟味中で、その過程を楽しんでます。それが決まったら一気にケーシングに入る予定です。完成したら、最強のアッテネータが出来ますね。
ケン
2017年05月08日 09:18
 とりあえず動作を確認してみたかったので電源を入れてみました。リモコンはプリセットなどが増えるとマルチキーのものがやはり必要ですね。
 バックライトは未接続のようですから、パワー出力を利用すると良さそう。

この記事へのトラックバック