mini対向スピーカ(その2)

画像 mini対向スピーカは片側を正面を向けると前後のユニットの干渉でやはり中高域の特性がかなり波打ちます。

 逆ハの字配置でもまだその傾向は残りますから、やはりここは完全にユニットを左右を向けて、正面での両ユニットからの時間ズレを無くす方が良さそうです。
 
 そうなるとどうしても高域はレスポンスが落ちてしまいます。ここではツィータをづけ足すのが本来ですが、臨時に反射板を置いてみました。これだけでも結構効果があります。

 反射板としては一番簡単なのは小鏡でしょうか。正面からユニットが見える様に置けば反射角も解り易いというメリットも有ります。100均でも色々ありますし。

 まあそれでも本体との干渉でやや波打ち傾向は残りますので、やはりここは最後はツィータを足したほうが良さそうです。まあ当面はこれで聞いてみます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック