PARC2Wayネットワーク変更

画像

 以前にDCU-131AとF131PPの対向+T114Sの2Wayを作りましたが、少し手を加えてみました。

改良点は主にネットワークで

1.低域高域を完全分離(バイアンプ化)
2.ネットワーク次数の変更(下記)
3.ピークキャンセラー、ゲインの再調整

が主な所です。2番目の減衰量に関しては特に音響出力のアコースティックスロープを対称的な-12dB/octの2次になるようネットワークを変更しました。

   低域ローパスフィルター  高域ハイパスフィルター
旧  1次(-6dB/oct)       3次(-18dB/oct)(電気2次)
新  2次(-12dB/oct)       2次(-12dB/oct)(電気1次)

旧タイプでもクロスポイントでは逆相になるのでよいのですが、やはり対称の方がすっきりとします。
高域はユニット自体で-6dB/octの特性なので電気的にはコンデンサのみの1次フィルターで済ませます。

結果としてはグラフのようにどちらもほぼ2次の減衰量になり、逆位相接続で合成特性も理論的にあってきました。×印の黒線がほぼ-12dB/octの傾きになります。

 ウーファの13kHzあたりのピークは消そうと思えば何とかなるかもしれませんが、この辺だとあまり気にならないと思いますので今回は放置ですね。

 測定は距離約1mので高さはユニット位置の水平です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック