SW電源比較

画像
 お出かけ用のデジタルアンプには軽量化のためSW電源を使用していますが、出力W違いの2組が手元にあるので比較してみました。

 一つは150WのR150-24(写真上)でもう一つは50WのLDA50F-24(写真下)でメーカは同じCOSELで、左右独立2電源です。

 50Wでも使用状態ではほぼサチら無いと思われるので、回路構成と余裕の差ですかね。容量が少ない分50Wの方にはショットキーダイオードの出川式のパワータップ(外部1次整流回路)と自作のノイズフィルターが追加されています。

 で比較すると150Wの方がちょっと太目の低音がしっかりした感じの音が出るようです。まあ50Wの方がスッキリとした伸びのある中高域ともいえますが、この辺はノイズの違いでしょうか。

 小型スピーカの方には50Wが、大型スピーカだと150Wの方が合いそうな感じです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

PC_Audio
2017年03月08日 17:45
毎度、ご無沙汰しています。
私もパワータップを作成し、デジアン or PC に使用したいと考えています。
お勧めの回路図等、ございましたらお教え願えればと思います。
ケン
2017年03月09日 09:45
 PC_Audioさんお久しぶり。

 SW電源の増強ならパワータップ面白いですよ。
 PC_audioさんのメアドが不明なのでメッセージをお寄せください。
PC_Audio
2017年03月10日 21:27
ありがとうございます。
s_tone のアドレスにメール送りました。
よろしくお手配ください m(_._)m
ケン
2017年03月10日 21:57
 了解です。メールしました。

この記事へのトラックバック